合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆ただの猫好きさん、

そうなのですか…。こういう話は複雑に絡み合っているので、一概には言えないですが、犬を思う気持ちがあるだけにうまくいかないのは辛いですね。
投稿者:ただの猫好き
この団体から独立した団体が迷い犬を譲渡して飼い主への返還を拒否しています。
相変わらずですね。

http://wannyanazabu.blogspot.jp/2013/03/blog-post_13.html
投稿者:えんでぃしょん
私の上司も元警察関係で法律云々にも詳しいのですが、この件を仕事の合間に語っていました。「裁判したら返してもらえるんやでしたらええ!!」と怒って言ってましたよ。
投稿者:モモ
もう、ご存知かもしれませんが、確実に勝訴できます。
必ず太郎君を取り戻せます。
こちらには、元飼い主さんに直接お会いできる方がいらっしゃるみたいですので・・・お伝えしてあげて下さい。
TAMAさん、申し訳ありません。
第3者ですが、見守るだけでいいのでしょうか?
頑張って下さい。
どうか、我が子の事を諦めないであげて欲しいです。

***以下コピペです。*****

飼い主がきちんと動けば100パーセント犬は返還される。
裁判になっても当然勝てるから訴訟費用なんかも団体持ち。
弁護士に依頼しなくても司法書士とか行政書士に書類作って
貰うだけでも十分な気さえする。
つか、小額訴訟で1日でケリがつくんじゃないかな。
誰か飼い主と交流のある方、そういうの教えてやって欲しいよ。
勝訴は確実だから、訴えられた側は引き下がるしかなくなるし、
現在は弁護士費用も長期の裁判にでもならない限り
たいしたことないし、弁護士に相談するだけなら、5000円〜2,3万。
正式依頼でも、一度で終わるなら、10〜20万。弁護士によっては、
もっと値引きしてくれると思う。数年前に、弁護士費用の価格設定が
弁護士の自由になったからね。
相談だけして、提訴は自分でやればさらにお安くなるし、
確実に一発で終わらせたかったら、20万払って
弁護士に内容証明かいてもらうといいよ。

******
投稿者:TAMA
★「ネットで知り得た不確かな情報だけで団体を批判している」と私を批判される方々へ。
ネットの情報には大きく分けて2つの種類があります。
「誰でも見られる公開情報」と「閉じられた中で密な話が出来るemailなど」と。後者の可能性をお忘れではないですか?


どちらにしても、飼い主さんが諦めた、いえ[身を引かれた]今となっては、もう見守ることしかできません。ただ、今回の経過については、事情を見守っていたコリーレスキューの有志によっていずれ検証サイトが立ち上げられる予定です。また、この週末には、団体さん側からの見解も出されるとの情報が団体さんの掲示板に書かれております。

正直なところ、私の記事を読んでくださったのだろうか?と思わざるを得ない、的の外れたコメントが徐々に増えつつあり、収拾がつかないと感じておりますので、この件に関してのコメントは以後ご遠慮くださると幸いです。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA
★クリさん、犬好きさん、通りすがりさん、それから、ちわわさん、「コリー飼いの方へ」さん(このハンドルはあんまりですね)、そしてお返事をしそこねてしまった、Sさん、えんでぃしょんさん、

まとめてのお返事で失礼します。(KYOさま、代弁ありがとうございます)

今回の件、私は迷子の太郎君が保健所に収容されてすぐの時期に友人を通じて知りました。その時点で迷子のお知らせのリンクもブログに貼り、飼い主さん探しのお手伝いをしたつもりです。

私は一連の動きを当初から見守っていた者です。

その後、紆余曲折があり、太郎君は大阪へ送られたわけですが、その頃、一見、全くの第三者のように見えるあるサイトで飼い主さんが[意図的に事実を歪められ、中傷]されました。

この第三者からの情報に惑わされた多くの人が(もしかしたら団体も?)飼い主さんに飼う資格なし、と決めつけてしまいました。

「太郎君が見つかって、今は大阪にいる!」との情報を得た飼い主さん側が大喜びで預かりさんのblogへコメントを入れたところ、たちどころに削除された。「おかしい」と思った何人もの人が続けて入れたコメントも黙って削除。これが今回の「変なこと」の発端です。これ以上のことは推測になってしまいますが、ここまでは事実です。

私は、最初からなりゆきを見守っていた者の一人として、この記事を書きました。記事の中で、団体を批判した覚えはありません。そして、この私の書いたことを信じるも信じないも読む人次第です。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:KYO
続きです。

犬好きさん、
少なくとも、私にとってTAMAさんは「どこの誰からかもわからない」人ではないし、嘘偽りや憶測でものを書く人ではないこともよく知ってます。
それでもなおかつ、今回のことでは、団体のこともこれまでまったく存じませんでしたし最初は中立の傍観者でした。
ですが、「どうしてこのブログ記事を読んでこんなコメントになるかな?」とびっくりしてしまう数々のコメントを読んで、ここ数日で考えはかなりTAMAさん寄りになってきてます。

ネット上の一方的な情報「のみ」を鵜呑みにしてはいけないのはおっしゃるとおりで、それはTAMAさんもこれまでのブログ記事やコメント欄で何度も何度も強調されておられるのですが、それはごらんになられましたか?

「経緯の報告」とやら、本当に、どんな「報告」になるのか、見ものです。


=========================


そもそも私は、大事な子を「手放す」とご決心された飼い主さんが、なんだか不甲斐ないと思っていました。
・・・でも、的外れコメントを読むにつれ、ただ読んでいるだけの私でもこんなにゲンナリするのだから、大事な子を迷子にしてしまったことを悔やんでいらっしゃるであろう飼い主さんも、やいのやいの言われて「手放す」と言ってしまうほど精神的に参ってしまったのかなぁと想像するようになりました。
言っておきますが飽くまでもこれは私の「想像」です。
でも、当たらずも遠からずかなぁとも思ってます。


飼い主さん、勇気を出して欲しいな。
今後のワンちゃんたちや飼い主さんの幸せのためにも、まだ「終わり」にして欲しくありません。

http://blue.ap.teacup.com/tjuringa/
投稿者:KYO
ブログ持ち主が静観してるのに私なんぞがしゃしゃりでてる場合じゃないぞっとは思いつつ、火に油をそそぐ私をお許しください>TAMAさま・・・


ちわわさん、
騒ぎはちっとも収まっていないように思えるんですけど、そんな時に「迷子親を捜す団体ではない」なんて言い切っちゃっていいんですかヾ(;´▽`A``
あなたの文章は、一見団体側のようでいて、その実団体の活動をものすごく邪魔していますよ。
「もしかしたら、この団体には他にも迷子の子がいるのかも」
と感じてしまったら、とても何十年も面倒を見なくてはならない里親にはなれなくなっちゃうように思うのですけど・・・

あと、「外野で文句を言ってはいけない」
とのことですが、今回TAMAさんが書かれていることは、私には「文句」には思われません。
「意見」ですよ。
「文句」は言ってもしょうがないこと、「意見」は事態をより良くしようという考えから発するものです。
よーくよーく読み返してみてください。



「コリー飼いの方へ」さん、
私はコリー飼いでもなんでもなくただの犬飼いですが、どなたに向かって「あなた方」とおっしゃっておられるのですかブログ記事にしてもコメントを寄せる常連さんにしても「保護犬がコリーだったから」騒いでいる人なんて一人も見受けられませんが。

里親になる、というのは大変なことです。だからこそこんなに大きな問題になっているんですよね?
TAMAさんもそうですけど、ここの常連の多くのみなさん日ごろから目いっぱいご自分の出来うる限りのことをなさってますよ。
ちなみにこの記事でTAMAさんが書かれている「真黒郎」くんもコリーじゃありません。


「コメント本文が長すぎます。」と怒られてしまったので二つに分けます。

http://blue.ap.teacup.com/tjuringa/
投稿者:コリー飼いの方へ
あなた達の主張を見ていると1つの疑問がわいてきます。
どうしてあなた達はコリーの保護犬に「だけ」騒ぐのですか?
もちろん可愛いわが子と同犬種だから、同じ種の子は可愛いですよね。
でもそれなら、センターには譲渡会もあります。
ここまで本気なら、自らが里親に!という気概のある方はいなかったのでしょうか?

また今でもセンターの中には純血種及び、雑種の子もいますよ。
どうぞ今こそ助けてあげてください。
その子たちはあなた達の救いの手を待っている可哀想な子なのです。
投稿者:ちわわ
騒ぎは治まりつつあるようですが、個人的見解デス。
まず、保護団体は保健所より処分犬を保護し、結果的に実親が見つかったとしても、迷子親を捜す団体ではないことを承知ください。また、拾得物であっても公示期間を過ぎ正式な形で譲渡されているのですから返却しないとの何ら主張に誤りはありません。
道義的には問題ありませんが、感情的に団体の行動には疑問を感じます。しかし、日々保護活動等協力していない人間が今回の件について外野で文句を言ってはいけないものと思っています。
ですので、私は静観しています。
皆犬生を考えての気持ち・行動は同じですが、辿り着くゴールが違っただけなのです。
1|2345
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ