合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
★名無しの方へ

前回は「コリー飼いの方へ」そして、今回は「ラッキーさんへ」とハンドルさえも書かず、繰り返しことばの暴力を繰り返す方(同じホストからの書き込みです)ですが、これ以上、推測と決めつけで誤情報をここから発信されるのは困ります。次回、またこのようなハンドルで書き込みを繰り返された場合は、ホストの公開をさせていただくこともありますのでご注意ください。

この方の他にも、誤情報の二次発信が目立ち、不毛なやりとりになってきておりますので、以後、この記事へのコメントは削除させていただきます。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:ラッキーさんへ
私はとある方が「飼い主さんはネット環境にもなくセンターに犬がいる事も知らなかったのです」と書いていてそれを信じていました。今までは。

それが下のラッキーさんの言葉で嘘だったとわかりました。
ラッキーさんはミクシで日記書いてる人ですよね?
そこではもう報告は終わっている形にしてどうしてここで書くのですか?

情報をオープンにしないで密室で話合うというのは、あなたが主張していたどこぞの政治家たちのやり方をまねしてですか?

人の見方は書き方やとり方で違っていくものです。
書く側の思惑が重なると言葉は違ってきますし、情報を隠すとその人の言葉は真実に値しないものになってしまいます。

偏った目で見ると濁った見方になるという事を教えて頂いた。
人としてのあなたの根底をみた気がします。
投稿者:マリル
初めて書き込みをします。
一連のアルファ太郎事件を静観しておりました。
そして元飼い主さんが「里親さんに、タロウを、どうぞ、よろしく伝えてください・・」と、
お願いされたことはとても悲しく思っています。
太郎くんを迷子にしてしまったこと、
本当なら処分される予定だった子を助けてもらっただけでも
ありがたいと相手側から指摘されれば、
さらにセンターで正式な譲渡手続きがなされていて
現段階では太郎君が団体のものだという指摘を受けたら・・・・
反省に反省を重ねたやさしいご老人ならの苦渋の判断をせざるをえないのではないでしょうか。
責められて責められて出た結論だと思います。
何よりも太郎君さえ生きていてくれるんならという
決断です。

1人暮らしのご老人なら、太郎君が全てだったと
思います。
団体はご老人が太郎君の充分な手入れもなされていなかったと指摘していますが、
犬を飼っていたならそれは毎日充分なケアをして
シャンプーもまめにして、奇麗にしてあげるのが
理想だと思いますが、ご老人1人でマメなケアが
出来なかったのかもしれません。
ところで団体の代表の方だっていつも忙しい、忙しいと書かれていて、犬や猫もたくさんいらっしゃる
ようですが、果たしてその子達の充分なシャンプーやブラッシングができているんですか?
毛玉ができるということもたまにはないのでしょうか?と聞いてみたいと思います。
この団体の代表さんの言っていることは一見筋が
通っているようですが、愛を感じません。
また団体を知る上で代表のブログを読み直して見ましたが、忙しいのか所々省略して気分的に(思いつきで?)書き込む日があったり一貫性がないようです。本当にちゃんとした組織になっているのか疑問です。
投稿者:ラッキーさん
かむかむさん

携帯電話しかお持ちでないということは、フリーアドレスにメールするのは、怖いです。しかし、私もここに個人アドレスを載せることはできません。

私は実際に飼い主に会いに行った方とコンタクトを持っています。

言われるように飼い主さんにもセンターに確認を怠ったという非があります。そして飼い主さんはそのことで、悩まれています。

しかし、センターに確認に行かなかったことが、団体が飼い主に太郎君を返さないというのは、次元が違います。

団体は太郎君の飼い主であるという連絡を受けたのですから、直接飼い主さんに会い、そして団体の言うような飼育不適格者かどうか、確かめることをしていません。私はここに問題があると思います。そして多くの方が、疑念をいだいているところです。

団体はブログで経緯を説明しています。我々はその説明を精査し、飼い主さん側からの事実を公表します。

インターネット喫茶や友人のパソコンでフリーアドレスを登録して、私にメールを下さい。

それが今の時点で一番良いと思います。

ここへの書き込みはTAMAさんが見守ると言われています。ご遠慮ください。
投稿者:まりん
団体のブログに経緯報告が掲載されていました。
http://ameblo.jp/catnap-memo/entry-10057082590.html
飼主さんが高齢・高齢と書かれていますが・・・
飼主さんは50代と聞いています。
50代って高齢ですか?犬を飼ってはならない年齢なのですか?
内容を拝見していてこの部分にカチンと来てしまいました。
60代のコリーオーナーさん達も沢山いらっしるし、
みなさん立派に飼育管理されてるのに・・・と。
投稿者:かむかむ
あの掲示板からコピペしたその文章に対してそのホットメール宛に連絡しろってことですか?私のように携帯でしかアクセスできない人間としてはとっても怖いです。
あの団体は都から認可された団体じゃないんですか?じゃないとすると大問題ですよね?。
「本人は行かなかったことに対して後悔されてます」これは事実ですか?後悔されてるということは行くと言いながら行ってないということが本当だということなんですか?この部分が真実ならとてもショックです。自分なら犬種が同じなら毛色や体重が違いますと言われても必ず確認に出向きますけど。(自分だけなのかな?)自分の思い違いじゃなければ、飼い主はネット環境の無い独居老人で気がついたときは里親さんが決まっていた。団体に話をしても会ってももらえない。だからみなさんが何とかならないか考えてるんじゃないんですか?ラッキーさんは自分にメールを出してくれということは、ご自分が確実な事実を知ってるということなんですよね?だったら事実を誤解のないように飼い主さんが批判を受けることのないように、ここがダメならほかでもいいからできる範囲で公開されればいいんじゃないですか?団体のブログをそのまま真に受けると飼い主さんに落ち度があるみたいじゃないですか。あまりにも可愛そうです。
ラッキーさん、この掲示板で内容を書くことができないなら、そのホットメール宛にメールをだせば事実を教えてくれますか?               改行がおかしいかもしれません。すみません。
投稿者:ラッキー
DANCHITEDさん

TAMAさんのコメントを読んで下さい。今は見守って下さいと言われていますので。

書かれたので、私の考えを述べさせて頂きます。

<<電話をして確認しにいかないなんて信じられません。本人がいけない場合は家族、親戚にも頼めると思います。>>

行けなかったいろんな理由があったと思いますよ。この方は一人暮らしです。健康的な理由、身体的な理由、精神的な理由。

本人は行かなかったことに対して、とても後悔されています。

だから訴訟をあきらめたのだと思います。

では、その後、太郎君を引き取った団体はどのようなことをしたのでしょうか。

団体のHPは所在地の住所、電話番号、代表者名を載せていません。連絡先はメールだけです。

インターネット環境がない方は、メールがだせませんよね。

この団体は寄付を集め、収支報告をしていますが、誰が監査したかなどの名前さえ載せていません。

これでは会計報告とは法的に言えないのです。

またチャリティなどをやって、お金を集めていますので、HPで公示をしていないので、商取引法にも違反しております。

太郎君の所有権を主張している団体が、飼い主さんからの返却の連絡があったのに、その飼い主さんと直接話し合いもせず、また飼育状況の調査をしないことは当たり前のことですか。

返還請求をしているということは、飼い主さんが所有権を放棄していないということです。

飼い主さんと直接話し合い、太郎君の飼育状況が適切だったか、不適切だったか、調べるべきではないでしょうか。

このことに対して、皆さんが疑念を抱いているのだと思います。

尚、ここでのコメントはHPのTAMAさんが見守ると言われているので、疑問があれば、私にメールをください。

かむかむさん、くるみさん、トムソーヤさんもお尋ねになりたいことがあったら、私にメールください。

私の知っている限り、誠心誠意、お答えします。

但し、個人メール宛にさせて頂きます。

勿論、私も個人メールアドレスから返事をさせて頂きます。


投稿者:DANCHITED
電話をして確認しにいかないなんて信じられません。
本人がいけない場合は家族、親戚にも頼めると思います。

投稿者:TAMA
★コメントで太郎君をご心配くださっているみなさんへ

みんな、同じ気持ちだと思います。
今回の件では、私も心を痛めました。でも太郎君の飼い主さんが受けた打撃は私どころのものではないと思うのです。
ジュリママさんの書かれた、タロウの結末にて、飼い主さんの心情が垣間見られるのですが、今は、タロウ、もといアルファの命がつながったことに感謝し、里親さんに「よろしくお願いします」ということです。
そして、ジュリママさんは、飼い主さんが立ち直るまでの静かな環境を保証してあげてください、と呼びかけていらっしゃいます。

私もジュリママさんに同感です。飼い主さんの心情を思うと、今はそっと見守ることしかできないのではないでしょうか。

なお、金曜日から書かれて始めている団体の説明を読みながら、事実関係をある方面が精査しています。後日、そのサイトをご紹介いたします。しばらくは見守っていただけるよう、重ねてお願いします。

尚、かむかむさん、トムソーヤさんが指していらっしゃる方のことですが、こちらも、今は喪中なんです。せめて喪が明けるまで、そっとしておきたいのです。ご配慮いただけると幸いです。

私からの、この記事でのお返事はこれを最後にさせていただくつもりです。今後、ご連絡のある方は、左のメニューから、メッセージをお願いいたします。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:かむかむ
TAMAさん
元飼い主さんってネット弱者なんですよね。この団体のブログは嘘なんですよね?本当は何も知らずに捜し回ってたんですよね?抗議してくださいよ!elmさんのお友達も・・・
1|234
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ