合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、ホワイトコリーのいっぽを迎えて2人と2頭になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 今年の家庭菜園事情
3拍手
2位 デザートテロ ダイエット宣言
2拍手
3位 念願の白いアイビーゼラニウム
1拍手
4位 野生の王国
1拍手
7/7〜7/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月。米軍の報復攻撃が始まった頃、当時、それぞれ11歳、10歳、7歳の子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillと、2013年にやはりパピーミルで使われていた被虐待犬のいっぽと暮らしています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆きゅーさん、

この話題もすっかり古くなってしまいましたね。
でも、こうして知って頂けることはありがたいと思っています。
投稿者:きゅー
大変興味深く、また難しい問題なんですね!

http://youtakitaki.arekao.jp/
投稿者:TAMA
☆kitaさん、
そうですか。そんなことが…。
所有「権」って何でしょうね。
私だったらきっととことん闘うのでしょうが、時間もエネルギーもお金もたくさん必要で身も心もボロボロになってしまいますよね。
保護団体側も犬の幸せを願ってのことでしょうが、人によってその基準は違います。犬が虐待されているのでない限り、保護団体が飼い主から犬を取り上げることはできないと思うんですが…

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:kita
太郎君のこの一件を読んで、数年前私の友人に起こった事件と良く似ているのでビックリしました。ただ、太郎君は何とか元の飼い主さんの元に戻れた様ですが、友人の犬はとうとう帰って来ませんでした。

やはり、ある保護団体に保護されていて、連絡を取りましたが、もう所有権は移っている、本当に同一犬か分からない、等と言われ、飼い方に不備がある等とも言われて等々犬は戻って来ませんでした。
なぜ、こんな悲劇が起こるのでしょうか?
投稿者:TAMA
☆AIさん、
今回のことはネットの便利さと裏返しの不便さ、ネットの怖さとありがたさ、悪意と善意…いろいろなことを浮き彫りにしてくれました。
間違った情報が流れても各自が見極める目を持ちたいと改めて考えさせられました。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA
☆シナモンさん、
多くの人が心配していましたよね。
結果は収まるところに収まりましたが、またこんなことが起きないよう、風化させたくないですね。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:TAMA
☆まりんさん、
本当に、なんとか(辛くも…)お家に帰れましたね。何故か「譲渡」になってしまったようですが。
コリーレスキューメンバーのみなさん、それはそれは苦しかったことでしょう(笑)。でも「なんとか帰って欲しい」という気持ちがあったから耐えられたんですね。やっと真実が明らかになって、これで考えて下さる人が増えるといいですね。

http://navy.ap.teacup.com/katasumi3/
投稿者:AI
元の飼い主さんと幸せな時を送っている様子を想い浮かべ、あらためて胸が熱くなります。
ご尽力なさってくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
純粋無垢な動物たちに、人間も同じ気持ちで接してあげられるようにと、切に願います。
投稿者:シナモン
まだ全部読んでいませんが、じっくり読ませて頂きます。
この件で大変心配していた人にも、URLを送りました。
投稿者:まりん
あれからずいぶん月日が経過した気がしますが
無事に太郎君がおうちに帰れて良かったです。
先日、たまたまテレビ番組のロケに参加し
そこで、コリーレスキューの皆さまとお会いする機会がありました。
でも、太郎君の話が出ても誰も何もおっしゃっておられませんでした。
今思えば、まだ団体さんとのお約束で口外できない時期で有り
言いたくて仕方無い気持ちを抑えて心苦しかったことでしょう。
本当に立派だと思います。
そんな皆さまの真摯な態度と熱い想いがあったればこそ
今回の太郎君の帰宅が実現したんだと思います。
二度と、このようなことが無いように願いたいものです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ