合衆国の片隅で

アメリカ中西部暮らし、コリー1頭ネコ1匹人間2人になりました。

 

画像の無断転載はご遠慮下さい。
     
 
合衆国の片隅で 旧館(2004年7月〜2006年2月14日)」はコチラ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ その他

QRコード

メッセージBOX

パスワードはkatasumi3 

拍手ランキング

1位 プロフィール更新
1拍手
5/7〜5/14までのランキング結果です。

 

2001年。9.11から1ヶ月、米軍の報復攻撃が始まった頃、当時11歳、10歳、7歳だった子どもたちを連れてガラガラの飛行機でアメリカに到着しました。今では、子どもたちは全員独立。ニンゲンは夫婦2人になりました。 2002に迎えたコリーのクッキーは12年我が家の中心で活躍したあと、虹の橋へと旅立ちました。2004年、パピーミルの悲惨な環境からレスキューされたHopeは縁あって我が家のプリンセスになりましたが、2年7ヶ月後お空へ。その後レスキューされて来たシェルティの元?問題犬うぃるちことWillも2020年1月に天使に昇格。2016年3月からホワイトコリーのいっぽ、2019年5月からネコのたびぃが家族に加わっています。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:TAMA
☆yumiさん、
是非是非是非是非そちらにいるうちに行かれることをお奨めします!もうお子さん達も記憶のカタスミに引っかかる年齢なのでは?
人のいないところへ行けば行くほど綺麗らしいです。
投稿者:TAMA
☆ちろこさん、
そうなんですよね、川の色が。どうやら鉱物の影響らしいのですが、どこもトルコ石色や、もう少し緑がかった青がちょっと白濁した感じで、それが見事に冷たくて。
レイク・ルイーズなんて、初めてその写真をヨーロッパに持ち帰った探検家が「こんなに美しい場所があるはずがない、この写真は偽物だ」と疑惑をかけられたという逸話があるほどの眺めです。ただ…それだけあって、どこも何もかもお高いんですよねぇ(涙)。
行かれるときはご連絡くださーい。
投稿者:TAMA
☆ジュリママさん、
実際は最高で80kmくらい出るみたいです。オフロードのオートバイだって、80kmも出したらフラフラになるのに、あんな細い自転車のタイヤで恐ろしい…
私がいた小諸YHは信州の、標高1000メートルの山の中にありましたから、登ってくるチャリンコライダーたち、それはそれは、とにかくごはんをたくさん食べましたよー。

今回のイベント、コースレコードをたたき出したのは、世界最速の男、K.B.氏なんと、65歳です。今回の記録は1200kmを50時間34分。2位の32歳(どうやら最年少)ライダーに4時間近くの差を付けてのゴールです。
そして、90時間の部での圧倒的な勝者は、フランス人の女性35歳で、64時間44分。
ちなみに最高齢は77歳の様子…平均年齢も50歳前後ではないかと…一体どういうスポーツなんでしょうね!?
投稿者:TAMA
☆シナモンさん、
実はこのイベントは競争ではないので、成績は(コースレコードを狙うような人たちでない限り)関係ないとされるのですが、やはり早いとおトクなことが多いようです。
書類のご心配ありがとうございます。とりあえず、打てる手は打ってみました…というところです。
投稿者:TAMA
☆たいゆうさん、
その通りです!よくわかりましたねー(ばきっ)
投稿者:TAMA
☆えくぼママさん、
クマは脅威であると同時に、やっぱり「クマを見た!」っていうだけで興奮しちゃいますよね。前回の付き添いでは、キャンプ場で子ども達が大エルクの超接近に遭い、今回はオットが間近で見たそうで、我が家でエルクも見たことがないのは私だけになっちゃいました。
投稿者:yumi
おめでとうございますそしてお疲れ様でした。無事にゴールできて何よりです。

写真の風景素晴らしいですね。実物はもっと素晴らしいのでしょうね・・・

投稿者:ちろこ
おつかれさまでした!!
それにしても何と言う美しい光景なんでしょう!!
川の色も、雪がかかった山の絵も、木々も、動物も見たことも無いような美しさですね。
じかに見たいな、いつか必ず行ってみます。
投稿者:ジュリママ
下り、時速60キロ以上出て・・・分かります!
経験あります。若かりし頃、サイクリングクラブで走っていたときのことです。日本国内の軟弱コースですが。そして上りのきついこと・・体の大きなヒトの後について走ると風よけになっていくらか楽なんですよね♪
 クマは見なかったなあ・・北海道のエゾシカとか、屋久島のサルとか、佐多岬の野生馬には会ったけど。
 思い出は美しいけど、終わった直後は達成感がたまらないですよね!
 完走、おめでとうございます!
 
 「青春」って、若いときのものだけじゃないんですね!元気をいただきました。

http://nittajulius.blog92.fc2.com/
投稿者:シナモン
お疲れ様でした。
成績も良かったようで、なによりでしたね。

書類は今のうちに捜すなり、無いならば手を打っておきましょう。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ