EP-Jetラボ

電動ダクテットファン−ジェットを自作、改造しています。
EDF機主体のブログです。
(EDF振興会メンバー)

 

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kit
ナカヤンさん、ありがとうございます。
詰めが甘いんですよね〜(恥)
多分、3号機を作ることになると思いますf^_^;ので今度はおっしゃる通りに作ります。m(_ _)m
投稿者:ナカヤン
見た目じゃ無理でしょう
ラジコン飛行機は「ちいさい本物」って言うくらいですから
スペースシャトルとかあんなデカイのに誤差0.5mm以内の精度
で出来てるそうですよ。

飛ばして暴れるのはそもそもその組み立て精度から来てるでしょ、
精度出てない→飛ばすと暴れる→トリムが取れない→コントロール不能
ってスパイラルに陥ってるんとちゃいますか?
精度出てれば→真っすぐ飛ぶ→トリムが取れる→落とさない
って好循環が起きますよ。

計測器買えとは言いませんが
水平な台に機体を固定して翼型の台紙から切り出したゲージを
翼の根元と翼端に当てて左右どれくらい狂ってるか見るだけ
でも違うと思いますよ。
投稿者:kit
ナカヤンさん、まいど!
ヘィ、お察しの通り見た目でござんすf^_^;

本来ならはめるだけで、ほぼ水平が出るようになっていたんですが、今回は主翼形状を変えて注意していたんですが…
でも、とりあえず飛ぶには飛ぶんです。傾き方もそれほど激しくないのですが…原因は低速でのアップの引き過ぎ…失速によるフラットスピン…
いずれにしても、調整後駄目なら3号機いきま〜す!!('-^*)/
投稿者:ナカヤン
ありゃ〜・・・・

Kitさん質問!
主翼の左右の取り付け角はどうやって合わせてるの?
もしかして見た目?
この小さな主翼だと1度〜2度狂えば飛ばないと思います。
ぶっちゃけ胴体は狂ってても主翼やら尾翼のアライメントは0.3度以内の狂いに納めないとただでさえ高速で飛ぶんだからまた同じ結果になるんとちゃいますか?

僕は主翼関係のアライメントの誤差を修正するのにインシデンスメーターで2日とかかけてますよ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ