Kota's Book Review

 好奇心の赴くまま本を選び、読み終わったら感想を書きます。
 萩原湖太郎による渾身のブックレビュー!
 
 ☆☆☆☆☆ 最高! ☆☆☆☆ 結構良い ☆☆☆ まぁまぁ ☆☆ イマイチ ☆ 最悪!

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最近のコメント

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

過去ログ

Web Log Parts

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

bestmania logo


QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:khagiwara
 コメントありがとうございます。

 僕も参加しているんですが「本が好き!」というサイト(http://www.honzuki.jp/)をご存知ですか?

 出版社や著者さんが提供してくださる献本にユーザーが応募して、無料で本を得たユーザーが書評を投稿する、というサイトです。

 文字通り「本が好き!」なユーザーがたくさん集まっていて、中には「図書新聞」に書評が転載されるような人もいます。僕なんかより、こういうところに御本を提供なさった方が有意義な気が…(笑)。

 「指名献本」という仕組みもあって、献本提供者側が「この人に書評を書いて貰いたい」というユーザーを指名することも可能なようです(ちなみに、僕自身は「Kota」というユーザー名で登録しています)。また、応募者の中の誰に御本を提供するかについて、(これまでにどんな書評を投稿しているユーザーであるか等を参考にして)提供者側である程度選ぶことができるのではないかと思います。

 ちなみに僕、無料で頂いた本でも「ダメだこりゃ」と思ったら、「ダメだこりゃ」と書きますよ(笑)。
はじめまして。

うつ克服カウンセラーの玉村と申します。

このたび、うつに関する自伝書を出版しまして、
御ブログにこの本の書評をブログに書いていだけないかと思い連絡しました。

著書「鬱〈うつ〉に離婚に、休職が… ぼくはそれでも生きるべきなんだ」
http://urx.nu/cmxN
(Amazonの短縮URLです)

この本は、著書11冊を出版している、
大阪経済大学人間科学部 教授の、
古宮昇氏からも帯の推薦文をいただいています。

メールアドレスを教えて頂ければ、本の原稿を送らせていただきますし、
住所を教えて頂ければ、本を郵送させていただきます。

もし本を書評ブログに書いていただけるなら、
私のブログで御ブログへの感謝の言葉を書かせて頂きます。

どうか、何卒よろしくお願い致します。

http://ameblo.jp/utsu-kokufuku-iyashidama
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ