Kota's Book Review

 好奇心の赴くまま本を選び、読み終わったら感想を書きます。
 萩原湖太郎による渾身のブックレビュー!
 
 ☆☆☆☆☆ 最高! ☆☆☆☆ 結構良い ☆☆☆ まぁまぁ ☆☆ イマイチ ☆ 最悪!

 

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最近のコメント

拍手ランキング

過去1週間の間に拍手はありません。

過去ログ

Web Log Parts

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング・にほんブログ村へ

bestmania logo


QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:khagiwara
 それと面白いのは、数学教育に関わる人の中にも、「数学の本質は『考える』ことだ」という人と、「数学の本質は『考えないで済ます』ことだ」という人がいるらしいこと。更には、「数学の本質は、『考えないで済ますために考える』ことだ」なんて人もいそう。どこにいっても同じだ。
投稿者:khagiwara
 9年振りに読み直してみて思うのは、この本のサブタイトルが「1から思い出そう」であること。「思い出す」ということは、かつて(高校時代に)は1度は理解できていたことが前提となっている。でも、使っていないと忘れてしまうので、それを「思い出そう」と。高校時代に理解できなかった、という人のための本ではない。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ