2005/4/29  15:22

ウィンブルドン ☆☆☆☆  映画感想 〜2007年

はるばる豊島園まで(まあ、ほんとはそんな遠くないんだけど)この映画を観に行ったのは、ポール・ベタニー見たさのためだということはバレバレだと思うので、ひねくれ者の私はわざと彼以外のことを書いてみたい気もしたのですが、やっぱりそれは無理でした。ファンとしての贔屓目を抜きにしても、これはピーター・コルト(ポールの役名)の映画であり、この映画の魅力を支えているのは1から10まで彼だと思うので。

この映画について、いろいろ言葉は浮かぶのですが、書きたいことは結局ひとつなのです。つまり、「私はピーター・コルトが好きだ」ってこと。なにしろ、観ながら考えていたのは「うーん、かわいいなあ、いい子だなあ」ということだけでしたから。

これまでベタニーが演じてきたような個性の強い役よりも、こんなふうに「普通に好感のもてる人」の方が、脚本に書くのも演じるのもずっと難しいと私は思っています。そして、こういうシチュエーション・コメディにおいては、「主人公に好感がもてるかどうか」というまさにこの一点が、映画の成否を握っているのです。

ベタニーの過去の役柄とピーターの最大の違いは、腕についた筋肉ではなくて、彼の性格の基本的な「シンプルさ」だと思います。勝ち負けのはっきりした世界で生きてきたアスリートらしい、愛すべき単純さ。でも、そこはイギリス人で32歳で挫折も知っているので、素直であってもガキっぽくはなく、素朴であっても洗練されている。その取り合わせが、私にはなんとも魅力的に思えました。

ポール・ベタニーはこの「いいやつ」を、完璧に演じています。キルスティン・ダンスト演じるスタープレーヤーが遊びのつもりでうっかり本気で恋するのも、まわりのほぼ全ての人々からナチュラルに好かれているのも、当たり前に思えて気にとめもしないほどに。いままでもいい役者だと思っていたけれど、こういう役をここまで自然にできるとは思っていませんでした。おみそれしました。(これは、ラッセルでいうと、「ターニング・ラブ」の演技を見た時みたいな感じ。キャラとしては「人生は上々だ!」のジェフ君に近いけど。)

この役は最初はヒュー・グラントを想定して書かれ、彼がテニス選手としては年を取りすぎてしまったのでベタニーにまわってきたそうですが、ベタニーが演じてよかったと思います。ヒュー・グラントは好きですが、彼がこの役をやったら「テニス選手をやっているヒュー・グラント」になるだけで、ピーター・コルトというキャラクターは印象に残らなかったでしょう。この映画のベタニーは、ヒュー・グラントっていうよりジェームズ・スチュワートを思わせます。

私は性格的にも肉体的にもアスリートとは正反対のところにある人間なので、これはやっかみと憧れをこめた勝手な想像なのですが…ウィンブルドンで優勝を争うようなトッププロともなれば、男でも女でも、獲物を狙う肉食動物みたいな性格でないとやってゆけないのだろうな、とも思います。(ピーターが今までトップへ行けなかったのは、このクオリティを若干欠いていたためなのでしょう。)

リジーはまさにそういうタイプで、だから「試合の前に発散してリラックスするためにセックスしよう」なんていう発想が出ても不思議ではないのでしょう。のんびり草を食む牛みたいな性格の私には想像もつきませんがね(笑)。それでも、遊び相手に「お仲間」のプロテニス選手ばかり選んでしまうところが、テニス一筋の彼女の限界なのでしょうか。

二人が恋に落ちて、それが一方には試合に勝つ原動力となり、一方には集中力を妨げる障害となる。男女のトーナメントが同時に行われ、ほぼ同等の注目を集める唯一のプロスポーツであるテニスならではのストーリー展開になるのですが…

この後の展開には、ピーターに比重がゆきすぎてリジーの気持ちが理解しにくいという、ラブコメとしてはかなり大きな欠点があります。それに、ピーターの家族を除いて、脇役がみんなイマイチ。特にリジーの父、スポーツエージェント、リジーの元彼の若手選手の3人の描写は類型的で、あまり可笑しくもない。(あ、みんなアメリカ男だ。このへんがワーキングタイトルらしいね。)

まあコメディとしては凄く笑えるってわけでもないし、ドラマとしてはストーリーが単純すぎるのが欠点と言えなくはないのですが…でも、なぜか私は「映画としては並だけどポール・ベタニーは素晴らしい」みたいな言い方はしたくない気分なのでした。そういう言い方をするには、私はこの映画に好感を持ちすぎているので。

結局のところ、主人公を登場早々好きになり、彼が型通りのハッピーエンドを迎えるように最後まで心から応援する…このシンプルな楽しさを与えてくれる映画に、他に何を求める必要があるでしょうか。



2005/5/2  23:17

投稿者:Kumiko

>三浦さん
ウィンブルドンはおすすめですよ!「コンスタンティン」と両方是非!(私は「コンスタンティン」も見ようと思ってます。)

キッド面白いですね〜。あっという間に3巻まで読んでしまいました。

2005/4/30  0:41

投稿者:三浦

kumikoさん、こんにちわ。ウィンブルドン、すごく面白そうですね。実はコンスタンティンにしようかとも思っていたのですが、かなり迷ってきました。
キッド、読んでおられるのですね!確かにアルテミスとディアンヌ、言われてみれば同じでおっしゃるとおりですね!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ