2010/3/25  22:44

ジョン・スチュワート2.5題(&拍手コメントお礼)  ジョン・スチュワート

相変わらず毎日、"Jon Stewart"でGoogleのニュース検索とブログ検索をしているのですが、それにひっかかった話題を二つ...と、この一週間ジョン関係でもっぱらの話題だったことをちょっとだけ。

その1.ジョン、バービーちゃんを口説く

クリックすると元のサイズで表示します

すっかり怪しいおじさんになっているジョンですが、これは何をしているのかというと、「ストーリー・パイレーツ」というチャリティに協力しているのです。

http://nymag.com/daily/entertainment/2010/03/jon_stewart_john_oliver_story.html

「ストーリー・パイレーツ」(Story Pirates)というのは、アメリカの子供たちの識字率を高め、子供の頃から書くこと(創作)に興味を持たせることを目的としたチャリティ団体で、小学校を訪れて人形劇やお芝居のワークショップをやったりしています。


よく映画やテレビドラマにも出てきますが、アメリカの公立学校というのは地域格差が激しいみたいです。基本的にその地域の税金で成り立っているので、貧しい地域の学校は教育の質が悪くなりがちで、それがまた大人になってからの貧困につながるという悪循環なのですが...スティーブン・コルベアも国内の教育支援チャリティ(主に、先生たちが教材を買う支援。貧しい地域だと、学校にも予算がないし親にも金がない)に協力しているし...そういうチャリティって素晴らしいと思う一方、それが必要だっていうのはどうなの?とも思ってしまうのですが。ま、それはともかくとして。

とにかく、読み書きっていうのは算数と並んで基本ですものね。「ストーリー・パイレーツ」は単に字を教えるっていうのではなくて、自分の好きなことや考えたことを書いたり、お話を作ることで書くことに興味を持たせ、それを読み書き能力の向上につなげるというところがユニークですね。これはジョンが以前から支援しているチャリティのひとつなんですけど。未来の脚本家を育てようとしているのかな(笑)?いや、ジョンが以前冗談まじりに言っていたように、今のコメディの脚本家って「アイビー・リーグの大学を卒業したユダヤ系の男」ばっかりだそうなので、もっと幅広い層の人たちが脚本家に育ってくれるのは、けっこうマジで大切なことなのかも...

前置きが長くなりましたが...「ストーリー・パイレーツ」の資金集めのために、今回ジョンは自分をオークションに出したのです。いやその、つまり、「あなたのお子さんが書いたお芝居に役者として出ます」という権利をオークションにかけたのですね。で、落札した人の娘の、8歳の女の子の書いたお芝居でバービーちゃんと共演しているところが上の写真というわけ(笑)。

お芝居の内容は、ジョンが「自分がいかにケン(バービーのボーイフレンドの人形)より優れているか」をアピールしてバービーちゃんを口説く、という内容だったようで(笑)。8歳の女の子、グッドジョブ!


その2.ジョン、イランのジャーナリストの自伝を映画化?

イラン人(※)のジャーナリスト、マジアール・バハリ(Maziar Bahari)さんをご記憶でしょうか。イランの民主化運動とその弾圧の引き金となった去年の選挙の前、「The Daily Show」はイランを紹介するセグメントをやったのですが、その中で特派員のジェイソン・ジョーンズにインタビューされていて、その後イラン当局に逮捕されたあの人です。

このブログでも何度か書いたのですが、この話のクレージーなところは、バハリさんが拘留されている時の尋問で、尋問官がデイリーショーの彼がジェイソンにインタビューされている「The Daily Show」のセグメント(もちろんジョークの一部)を持ち出して、バハリさんが「スパイである証拠」だと言い出したということです。

選挙前に撮影されたThe Daily Showのイランのセグメント、ジェイソンによるバハリさんのインタビュー

釈放された後、デイリーショーでのインタビュー

ジョンのせいで(??)そんな目に遭ったにもかかわらず、バハリさんとジョンは仲良くなったようで...ジョンのプロダクション「Busboy Production」はこのたび、バハリさんの(まだ出版されていない)自伝の映画化権を買ったそうです。

http://www.pajiba.com/trade_news/exclusive-jon-stewart-options-maziar-baharis-life-story-for-feature-project.php

すごくシリアスな、いい映画になりそうだなあ。

※バハリさんはカナダ国籍も持っています。

その3.ジョン、グレン・ベックとチャネリングする

先週の木曜、休暇前最後のThe Daily Showで、ジョンは番組の半分を費やして、Fox Newsの人気パンディット(政治評論家・テレビコメンテーター)であるグレン・ベックのパロディをやりました。

The Daily Show with Jon Stewart 2010/3/18 Conservative Libertarian

The Daily Show With Jon StewartMon - Thurs 11p / 10c
Conservative Libertarian
www.thedailyshow.com
Daily Show Full EpisodesPolitical HumorHealth Care Reform


これが評判になって、以来、ジョンの話題といえばこの話が多いのです。私もすごい面白いと思ったし、これについて書きたいとも思ったのですが、迷ってしまうのは、私は実はデイリー・ショーでしか(つまり、ジョン・スチュワートが見せるビデオのクリップでしか)グレン・ベックを見たことないのですよね。それでいつも「(絶句)...この人、マジ?」と思うのですが...デイリー・ショーのファンフォーラム、その他で読む情報によると、どうもマジらしい。

で、これについて書くには、ネットで彼の番組のクリップを探したり、ちょっと調べた方がいいのかな、とは思うのですが...ヤダ!という心の叫びが...

楽しくオタク的アクティビティにいそしんでいるべき貴重な余暇を、なんでグレン・ベックなんぞについて調べて過ごさなきゃならん、とか思って。

どうかなー。まあ、そのうちに書くかもしれません。

拍手コメントお礼

Beniさん、こんにちは。お久しぶりです。
ありがとうございます。「プリンセスと魔法のキス」は面白いですよ。歌がよいので、できれば字幕版で...




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ