2010/10/11  22:24

拍手コメントお礼  メールフォームお礼

>10月9日にコメント下さった方

Cornicheさん

ご無沙汰しております。お元気ですか。
なかなかご挨拶できず申し訳ありませんが、アメリカの帆船旅行記、
いつも楽しみに読ませて頂いております。

アルジャジーラは、どうしてもアラブ(イスラム)世界の代表的視点、という風にとらえてしまいますが、本当はアラブ・イスラムと言ってもさまざまなのでしょうね。

カタールが人口150万、カタール人30万というのも驚きです。でもそういえば、以前にカタールやUAEやバーレーンなどのシステム担当者とメールでやりとりする仕事をしたことがあって、「アラブの人々のやりとりするのかー」とちょっと緊張したのですが、「いや、みんなインド人だから」と言われたものでした。



2010/10/13  23:23

投稿者:Kumiko

日本は10月に入ってようやく涼しくなりました。カタールはようやく涼しくなって40℃切りですか...たいへんですね。

カタールは天然ガスの国なんですか。所得税も消費税もなしというのはすごい。それでも国民(住民)全員に行きわたるだけのリソースがあるのですね。うらやましいような、単に想像もつかないような...そういう国で育つ若者の気持ちって、どんなのかなあ。

外交手腕ということについては、いろいろ考えさせられます。日本はよく「外国手腕」がないと言われていて、まあそうなんでしょうけど、国が大きくなって国内の利害もいろいろになるほど、「外交手腕」も一筋縄ではゆかなくなるような気がします。

これからも貴ブログを楽しみにしています!

2010/10/12  21:22

投稿者:corniche

ご無沙汰しております。こちらも漸く気温が40℃を切る毎日になりました。カタールは、米空軍の中東基地がありイラク、アフガニスタン戦線の最前線で、大変な親米国家なのですが、上手く報道(アルジャジーラは反米キャンペーンの拠点)で湾岸域内の(大衆)世論のバランスを取っていると思います。小国ですが見事な外交手腕です。世界最大の単一構造天然ガス田を有し、世界一の液化天然ガス輸出国であることから、GPP/人は8万ドルを超え、ルクセンブルクを抜き世界一の金持ち国家になりましたが、これは人口の6割を占める出稼ぎインド人を入れた数字ですので恐ろしいです。そうです。電話にはカタール人は先ず出ません。カタール人の勤労人口は殆ど公務員で吸収できていますので、そもそも民間企業では殆どカタール人を見かけることもありません(パレスチナ、ヨルダン、エジプト人とかは沢山いますが)。個人所得税も無いし、消費税も無いし、天然資源は100年以上保つ埋蔵量があるし、と、文句のつけようがなさそうですが、この気候だけはどうしようもないですね。

http://corniche.blog65.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ