2006/1/20  22:26

更新のお知らせ  パトリック・オブライアン

オブライアンのページ更新:16巻3章感想

今回の章に、以前に「マスター・アンド・コマンダー映画ネタバレ掲示板」で話し合ったあるネタの「正解」があることに気づきました。

「映画は観たけど、ネタバレしたくないので『感想』は読んでいない」という方のために、ネタバレにならない部分だけここに抜き書きしておきます。

そこへいつものように、キリックが夜食の「トーステッド・チーズ」を持ってきました。と言っても、今はパンもまともなチーズも品切れているので、代用として、砕いたシップビスケットと山羊ミルクと少量の粉チーズで作ったお粥なのですが。でも食器だけは、いつもの「トーステッド・チーズ用の皿」を使っていました。

この「トーステッドチーズ用皿」とは、スティーブンが出航前にダブリンで特注したもので、「極めて豪華なアイルランドの銀細工で、銀の蓋がついた皿は6枚のトーストが乗るようになっていて、アルコールランプで保温できるようになっている」とあります。…そう、映画に出てきたアレですね。

あの「トーステッド・チーズ・メーカー」を映画で見た時、掲示板で「6枚焼けるようだけど、ジャックとスティーブンの取り分は何枚づつだろう?4:2?それとも5:1?」と話していたのを思い出しました。

実は、掲示板であの話をした時、私はここの記述をすっかり忘れていて、「最初は4:2に分けるが、あとでスティーブンが食べ残した1枚をジャックが取ってしまう」という結論に達していたような気がしますが(笑)…

答えはちゃんとここに書いてありました。曰く、「ジャック・オーブリーの体重は16〜17ストーン(102-108kg)、スティーブンは9ストーン(57kg)足らずなので、遠慮しあったり、後でぶつぶつ言ったりすることを避けるため、体重の割合で(4枚−2枚に)分けることでずっと前に合意していた」だそうです(笑)。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ