2006/2/14  21:00

唐突なハリポタネタ  ハリー・ポッター

ここを読んで下さっている人の中で、ハリポタ好きな方っているのかなあ、と思いつつ…ほかにネタもないし、バレンタインってことで(<関係ない。)

6巻の話なので、一応、初めて「続きを読む」機能を使っておきます。(ストーリーには触れていませんが。)



6巻のクリスマスの場面、ラジオ(ワイヤレス?)から流れている「魔法界のセリーヌ・ディオン」(多分)の歌うラブソングの歌詞として、

来て、私の鍋をかき混ぜて
上手にかき混ぜてくれたら
熱くて濃い愛を沸騰させて
今夜あなたを温めてあげる


…というのがあったのです。

またずいぶん具体的な歌詞だなあ。こんなん、児童書に書いていいのか?

…と思う私の心の方が汚れているのは分かっていますが、でも絶対わざとだと思う。

…この歌が、暖炉の炎を見つめているルーピン先生の横顔にかぶるのも、絶対わざとだな。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ