2012/8/27  7:00

8月26日 のつぶやき  Twitterまとめ

Kumiko_meru http://twitter.com/Kumiko_meru
8月26日 つぶやきまとめ


19:40
英語名(たぶんフランス語もドイツ語も)ってバラエティが少ないよなあ、と思っていたけど、最近の若い人には変わった名前が多い。ダコタちゃんとかマッケイラちゃんとか...アメリカでもキラキラネームとか言われるのかしらん。
2012/08/26 Sun 19:40 From web

19:36
おれをディックと呼ぶなと主張するリチャードさんならいっぱいいそうだ。
2012/08/26 Sun 19:36 From web

19:25
ジョン→ジャック、エドワード→テッド、というのもなかなか納得がゆきずらいよな。(ケネディ)
2012/08/26 Sun 19:25 From web

19:23
なぜか途中をとっているのがエリザベス→リズ
2012/08/26 Sun 19:23 From web

19:21
もっとアレなのがリチャード→ディックです。 https://t.co/KuK7vire
2012/08/26 Sun 19:21 From web

18:50
なんか、人が何と言おうと自分のやり方を貫く、というのを「がんこ職人」「職人気質」と賞賛する伝統があるけど、それ「職人」としていいことなのかな。むしろそれは「芸術家」気質で、職人はお客の要望を引き出して答えられなきゃいけないんじゃないのかな、と思う。
2012/08/26 Sun 18:50 From web

18:45
続)スタジオに集まっている若い職人の一人(女性の家具職人)に「あなたの工房にも、こういう『人間力』を鍛える制度があるそうですね」「はい、寮生活、携帯電話禁止、恋愛禁止で」おい、それまるで逆だろう。むしろ「人間力」を犠牲にして技術だけを鍛える方法でしょ。
2012/08/26 Sun 18:45 From web

18:43
さっきBSで何か職人に関する番組をやっていた。ドイツでは若い職人が、各地を一人で旅してあちこちの工房に弟子入りして修行する制度があるそうなのだけど、それは技術だけでなく、知らない人とも交渉できる力を鍛えるためだという。それはいいのだけど、その紹介ビデオの後スタジオの司会者が(続
2012/08/26 Sun 18:43 From web

16:59
あ、でもNYシティマラソンは市民マラソンなので、車椅子でも遅い人もいる。沿道から大声援。
2012/08/26 Sun 16:59 From web

16:57
NYシティマラソン見たとき、車椅子マラソンの選手は一番最初にくるんだよね。速いんであっという間に行ってしまうw
2012/08/26 Sun 16:57 From web

16:41
ほんと、カッコイイわ。<パラリンピック特集
2012/08/26 Sun 16:41 From web

15:18
「パン 失敗」でぐぐったら出てくるやつも、ハロウィーンなら売れたのかもしれない...
2012/08/26 Sun 15:18 From web

14:35
死刑や終身刑になる犯罪者って、暴力や死に喜びを感じる人格だろうから、むしろそこそこ快適な刑務所で、何の刺激もなく超健康的でロハスな生活を何十年も送ってもらえばいいと思う。食事はベジタリアン。ネットは小学生レベルのプロテクションつき。それで、その様子を定期的にテレビで放送。
2012/08/26 Sun 14:35 From web

13:16
改めてこのインタビュー見て、これが日本の番組だと、ジョンみたいに単刀直入に本の内容に入らず、経済学者なのに美人ですねとかドレス素敵ですねとかアフリカの貧しい国出身なのに勉強に苦労したでしょうとか言うんだろうな、と思い、ちとどんより。 http://t.co/i7GSFTJu
2012/08/26 Sun 13:16 From web

13:05
まあでも、先日 #TheDailyShow にザンビア出身のエコノミストが出ていて、欧米はアフリカというと「援助」という発想だが、中国人は現地の人と商売をしに来ている、今のアフリカにはその方が良いのだと言っていて、なるほどと思った。 http://t.co/i7GSFTJu
2012/08/26 Sun 13:05 From Tweet Button

12:27
ビルゲイツの財団はアフリカでマラリア予防のために蚊帳を配ったりして、実際に幼児死亡率の低下にかなり貢献したそうだから、マイクロソフト製品を使ってイラっとした経験のある人は、その「イラッ」のコストをアフリカの子供に寄付したと思っておけばよいと思う。
2012/08/26 Sun 12:27 From web

12:23
まあ、私は仕事の面では全般にいろいろ幸運だった方なんだよなあ。その代わり別方面では...以下略
2012/08/26 Sun 12:23 From web

11:46
若い人って、自分が貢献した事業で雇い主がこれだけ儲けたのだから、これだけ賃金貰うべきという相場観がないのだなあ。だから搾取されたり、その逆に...と書こうとしたが、私が若い頃にそんな相場観持っていたかというと、全然持っていなかったのであった。搾取されなかったのは単なる幸運。
2012/08/26 Sun 11:46 From web

11:31
どう生きてもリスクはあるしねえ。個人的経験からは、世の中の「こうしておけば安全・無難」という選択になんとなく従うのが一番リスクが高いと思う。
2012/08/26 Sun 11:31 From web

10:56
実際には、別の仕事を持ちつつ片手間で、しかも福祉の仕事には経験がほとんどないのに、有給の働き手に求められるレベルの仕事をするのは難しい。だから有給職員の給料の足しになるように寄付and/orフルタイム有給職員に指示してもらって作業、となる。
2012/08/26 Sun 10:56 From web

10:42
ちゃんと賃金を出して人を雇った方がよいと言うなら、そのお金を自分で出せばよい。それができないから自分の能力(専門知識とか体力)を寄付してるんじゃないの。
2012/08/26 Sun 10:42 From web

10:40
承前)阪神大震災からこっちボランティアが一般に理解されるようになってから、そんなことはないと思っていたのだが...日本は相変わらずだなあ。
2012/08/26 Sun 10:40 From web

10:39
昔、母が持ち帰った「ボランティア会報」みたいなのに、一般の人(ボランティアをやっていない人)にボランティアの悪いところを言ってもらって反省する、みたいな記事があって、「自己満足」「偽善的」とかの意見があって、何でこんなこと言われなきゃならんのだろうと納得いかなかったものだけど
2012/08/26 Sun 10:39 From web

10:35
ボランティアはタダ働きで他の人の仕事を奪っている、というTWを見て朝から激怒している。母は40年間視覚障害者のためのボランティアをしているが、あれも全部人から仕事を奪う役にしかたっていないと言うのか。ボランティアがやらなければ誰もやらない仕事があるということは思いつかないのか。
2012/08/26 Sun 10:35 From web





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ