2006/3/23  21:12

ジンクス?  映画・俳優一般

この前、映画館で配っているフリーマガジンをぱらぱら読んでいたのですが、今年のアカデミー賞の話で「『ブロークバック・マウンテン』は同性愛を扱った映画は作品賞を取れないというジンクスを破ることができなかった」と書いてありました。

あのー、いつそんなジンクスができたんでしょ?「同性愛を扱った映画」なら、「アメリカン・ビューティ」は?「羊たちの沈黙」は?まあ、二本とも主人公はゲイじゃないけど。主人公がゲイってことなら、「アラビアのロレンス」があるぞ。あと「真夜中のカーボーイ」はどうよ。まあ、この二本は古いから、映画内ではっきり描かれてはいないけど…

主人公がゲイで、それをメインテーマとしてはっきり扱っていて、しかも下馬評では作品賞本命だった作品ってことになれば、たしかに「ブロークバック」が初めてだけど…初めてなんだから、そもそも「取れないというジンクス」ができているはずない。

近年の演技賞のノミネートや受賞傾向を見ると、アカデミー賞は同性愛、むしろ大好きだと思いますけど。

授賞式の前は「政治的配慮で」ブロークバックが受賞確実と言われていたのに、取れなかったら「政治的原因で」取れなかったことになるのね…どちらにしても、どちらの映画に対しても、失礼千万な言い方だと思いますが。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ