2006/8/24  22:36

ユナイテッド93 ☆☆☆☆1/2  映画感想 〜2007年

圧倒され、感情を揺り動かされずにはいられない映画なのだけど…それはたぶん、映画自体の力だけではないのだろう。2001年9月11日の夜半から翌朝まで、一睡もできずにテレビのニュースを見ていた、あの時の感情を追体験しているという部分が大きいから。

でも…考えてみると「映画自体」と「映画が描いている事件」をすっぱり分けることなんて出来ないのかもしれない。分けて評価しようとすることは無意味なのかもしれない。

それでも途中で、「これがフィクションだったらどんなによかったか」と思ったのだけど。

ぐったり疲れるし、題材が題材だけに「楽しんだ」とはとても言えないのだけど…変な言い方だけど、見終わった時、一種の爽やかさを感じた。作り手の誠実さとストイックさを感じたからだ。うまく言えないけど、「今、この題材を映画にするには、この描き方しかない」というギリギリのところを踏み外していないと思う。

ある雑誌で評論家が、「乗客ひとりひとりが描けていない」と書いていたけど、それは逆だと思う。パニック映画によくあるように、数人を選んで背景や性格を描いて「キャラづけ」したりしたら、この映画は崩れてしまっていただろう。実際、乗客たちは、お互いに名前も知らなかったのだろうから…言わば、観客にとっても彼らは「飛行機に乗り合わせた人々」なのだ。

それに、その人がどんな背景を持っていようと、最後に家族に電話する時に言う言葉はみんな同じ「愛している」だし、それを聞いて心を動かされるのは、その人の背景を知っていても知らなくても変わらない。




2006/9/4  3:46

投稿者:Kumiko

よったろうさん、お久しぶりです!
「ホテル・ルワンダ」は、あれで結構楽しんだのですが、さすがに「ユナイテッド93」は全然違う感じでした。
ルワンダの事件の方はあまりよく知らなかったということもあったのですが、作りかたも対照的だったと思います。
私が観たところでは、直前に予定より大きい映画館に変更になったようですが、ほぼ満席でした。

2006/9/1  1:18

投稿者:よったろう

お久しぶりです。
毎日暑いですがお元気でしたか?
「ユナイテッド93」すべてにおいて、同感です。
「ホテル・ルワンダ」を見終わった時も激しく落込みましたが、これも見なければいけない映画だなぁと感じました。
作り手の誠実さでドキュメンタリーとまちがえてしましいそうなほどリアリティを感じました。
これを見ると「シリアナ」もドキュメンタリーのように思えてきます。(シリアナには爽快感?はなかったですが・・・)
あの時(9.11)、偶然夜更かしをしていてあの映像で固まってしまった事を思い出しました。
やはり、たくさんの人に見て欲しい映画でした。
ちなみにその映画館では珍しく若い外国の方が何人か見に来られていました。残念ながら日本の若い方は少なかったです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ