2007/3/26  22:54

やれやれ。  映画感想 〜2007年

うーむ、なんだかんだ立て込んでいて、しばらく映画館には行けなさそうだと判明。観たい映画はいっぱいあるのに…しょぼーん。

イン・ハー・シューズ ☆☆☆☆(WOWOW放送を録画)

はぁ〜…予想以上に、良い映画でした。姉妹っていいなあ。私は兄しかいないので、姉妹ってずっと憧れがあります。特別な絆があるような気がして。

昔に観た姉妹物の傑作「ロンリー・ハート」を思い出しました。

In her shoes(彼女の立場に立って)という題名から、性格が対照的で仲の悪い姉妹がお互いの気持ちを理解する、みたいなストーリーかと思っていましたが、微妙に違いました。どこがって、この姉妹はもともと、ものすごーく深く愛し合っているんだもの。

愛しているからこそケンカもするし、お互いいらんコンプレックスを刺激したりもするけれど、でもお互いがいないと「私は意味をなさない(without her, I make no sense.)」(男と女のきょうだいには、こういう感覚はない…というか、あったらちょっと不健康かも。でも、姉妹なら、いいなあと思ってしまう。)

シャーリー・マクレーンのお祖母ちゃんもいい感じ。愛がないから離れてしまった心は戻らないけれど、愛するがゆえにぶつかり合って壊れてしまった心は、どんなに取り返しがつかないように見えても、かならず修復できる、と…

甘いかもしれないけどね。でも、そこを「できる」と言うお話じゃなければ、映画を作る意味もない、と私は思う。




2007/3/28  23:00

投稿者:Kumiko

妹が元教授に朗読するシーン、私も好きです。彼女はあれがきっかけでちょっとづつ自信をつけてゆくのですよね。
これ、カーティス・ハンソン監督だったのですね。全然意識しないで観てました。さまざまなジャンルの映画をいつも面白く作る、職人監督なんですね。(監督というのは、脚本家兼任の人を除けば「技術職」だと、聞いたことがありますけど。)

2007/3/27  21:28

投稿者:よったろう

初めてキャメロンディアスが朗読するシーンが好きです。感想を聞かれるところが特に。
私も弟しかいませんのでやっぱり姉妹っていいなぁとぽろりと涙したシーンもありました。
この監督さんの作品ってバラエティに富んでいて「L.A.コンフィデンシャル」と同じ人だなんて信じられません。「アダプテーション」もおもしろかったけどこれも違うし・・・


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ