2008/1/19  23:07

2007年ベストテン(6〜3位)  映画ランキング

6位 プロヴァンスの贈りもの

「人生はワインのようだ」という映画…と見せかけて、ほんとうは「人生は株式投資のようだ」という映画でした。(「人生はワイン」な映画は「サイドウェイ」。)人生には、売るべき時、買うべき時、すっぱり捨てるべきモノ、押さえておくべきモノがある。また、物の本当の価値を見抜くのは難しい…あの手この手で安く見せようとしたり高く見せようとしたりするライバルがいるからね。

5位 トランスフォーマー

去年もっとも(私にとって)サプライズヒットだった作品。ハリウッドばんざい。

4位 クイーン

ブレア首相が女王ファンになってゆくところが面白かった。
ラッセルがイギリスのテレビに出た時の発言を思い出しました↓

http://www002.upp.so-net.ne.jp/kumiko-meru/jross.htm#R1

私もまったく同感です。

ダイアナ妃のことを聖女みたいに言う人が多いのは、私も前からフシギに思っていました。(気の毒な女性だとは思うけど。)慈善活動をしていたっていうけど、セレブとして当たり前の活動の枠を出ていないんじゃないかなあ。あれだったら、エイズの流行が始まったばかりでまだまだ「同性愛者の病気」と思われてたころから支援に取り組んで、アメリカ中のスーパーを回って(時には偏見の強い人とケンカしながら)啓蒙して歩いていたっていうエリザベス・テーラーの方がよっぽど聖女だと…あ、また話が飛んでしまった。

3位 ラブソングができるまで

私、「アバウト・ア・ボーイ」を観るまで、ヒュー・グラントってけっこう嫌いだったのですよ、実は。今は好きですけど。昔読んだインタビューで、何かすごくカンジが悪かったのです。誤解されやすいことを言ってしまう人なのかもしれないけど…今考えればあれ、インタビュアーか翻訳にだいぶん問題があったのかもしれないなあ。

最近になってわかってきたのですが、たとえインタビュー記事でも、書く人の意志によって、その人をどうとでも見せることができるのですよね。こういうことにもメディア・リテラシーが必要だなあ、と思ったわけです。

で、この映画ですが…感想を書いた時に入りきらなかったのですが、ラストのクレジットのところで、音楽番組のトリビア風に登場人物たちのその後が出るのが楽しかったです。ドリューの元カレの映画がボロクソにケナされて大コケしたというトリビアに、思わず快哉を叫んでしまいました(笑)。



2008/1/23  23:06

投稿者:Kumiko

リズは、(有名人では多分最初に)エイズで亡くなったロック・ハドソンのお友達だったので、そのこともあって活動を始めたようです。意外と(?)人情家肌なところがあるのでしょうね。モンゴメリー・クリフトとも友達だったし、カムアウトできないゲイのスターたちの相談相手だったのかな…

彼女は8回結婚しているそうです。同じ人と2度結婚しているから、相手は7人ですね。一生に7回恋愛する女性は珍しくないと思うけど、いちいち結婚するところがすごいですね〜。恋愛にかけるエネルギーが並外れているのでしょうね。

あまりにエネルギーがすごい人とは、実際に友達づきあいするのは大変そうですね。最近の人だと、アンジェリーナ・ジョリーとか見ててもそう思いますが。

2008/1/23  9:41

投稿者:あずき

えー、エリザベス・テーラーの話は知らなかったです!
私も(リズっていうのでしたっけ?)、大好きになりました。

彼女って、離婚と再婚を繰り返しているのですよね?
たとえ何度も離婚しているということは、何度も結婚しているということであって、人間的に魅力があるんだろうなあ〜。

でも、自分のお友達にはどうだろう。(笑)
どうも、迫力ありすぎて恐い・・・。というか、彼女とお友達になるには、自分の人生経験値が足りないような。

2008/1/22  21:19

投稿者:Kumiko

あずきさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしく。

>セレブの慈善活動
実は、オードリー・ヘップバーンについても同じように感じていたりしました。やっぱり、本人のイメージっていうのもあるんでしょうね。

エリザベス・テーラーは、昔のショウビズ番組で、エイズ患者支援のための寄付集めに回っている時、「立派なキリスト教徒ならエイズになんかならない」とからんできた一般人のおじさんと猛然とケンカしていたというのを聞いて、いっぺんで好きになりました(笑)。なんか、セレブとしての必須科目的に無難な活動をしてるのじゃなくて、自分の選択でリスクを負ってやっているという感じがしたのです。

ダイアナさんの場合、若くして亡くなったという同情票があるのでしょうかね。それはしょうがないとは思うけど、でも、その分とばっちりを受けているのが女王なのね、と「クイーン」を見て思ったわけです。

インタビュー記事のイメージはあてにならない、というのは、やっぱりラッセルファンになってから特に感じますね(笑)。テレビのインタビューは、その点かなり信用できると思います。特に「自らを語る」みたいな番組だと。

2008/1/22  16:43

投稿者:あずき

遅ればせながら、明けましたのでおめでとう。です。おほほほほ。

私も、ダイアナが亡くなってからの評価はどうかと思っていたので(Kumikoさんと同様の理由です)、わが意を得たりです。
日本では慈善活動ってものに馴染みが薄いせいか、ダイアナだけが特にそういう活動に力を入れていたみたいに感じられる報道だし。
あちらの国では、セレブの慈善活動はほぼ義務ですものね。

あと、インタビュアーやその書き方によって、インタビューされている人の印象が変わってしまう、というところも、そうですよね。
無能なインタビュアーだと、あらかじめ自分の考えていたオチに誘導したり、もっとひどいと、発言まで捏造もあったりするらしいですから。
でも、だからこそ「自らを語る」のような番組が光るのでしょうけど。

2008/1/20  23:12

投稿者:Kumiko

と言うより、上位のものは観たとき既に長々と語ってしまっているので、もうあまり言う事がないのだけど、上位だけ何も書かないというのもバランスが悪い、という理由なのでした。

あ、NIKIさんお久しぶりです。今更ですが、今年もよろしくお願いします。

2008/1/20  22:37

投稿者:NIKI

でもねえ、上位のほど語りたいことも多く、かつ、語りたいことはていねいに語りたく、時間がかかるものなのじゃないかと拝察しますです。

2008/1/20  21:43

投稿者:Kumiko

ダラダラと長引かせてすみません(汗)
あと2作品です。今日中になんとか…

2008/1/20  14:33

投稿者:よったろう

あら。まだ1位までいかないんですね(笑)
残りの3作品楽しみにしています。あれとあれ・・・は想像できてるですけど(笑)


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ