2008/2/19  21:21

あろま  日常雑記

かなり前、会社の後輩にアロマポットをプレゼントされたので、ちょっとばかりアロマテラピー(のようなもの)をやってみたことがあるのですが…正直、部屋の中がバラの香りになろうと、ラベンダーやレモングラスの香りになろうと、「いい香りだ」と思うだけで、具体的に「気分が落ち着いた」とか「元気が出た」とかは…つまり「効いた」と思ったことはなかったのです。多分私が鈍感なだけなんでしょうけど、匂いだけでそんなに気分が変わるとか癒されるとか、ほんとにあるのかなあと、ちょっと疑ってもいました。

でも、コーヒーを淹れて、家中にその香りが漂うと、たしかに元気が出るし、2レベルぐらい気分の幸せ度が上がる気がします。飲まなくても、匂いだけで、確実に気分がよくなっているのが分かります。

ああ、アロマテラピーってこれだったのか、と納得したのでした。(<多分違う)





2008/2/20  23:11

投稿者:Kumiko

世の中でいちばんかぐわしい香りはパンの焼ける匂い、コーヒーは2番目かな。

いずれにせよ飲み食いが関係してしまうのですが(笑)。

2008/2/20  10:41

投稿者:あずき

あー、わかるわかる。
私は。コーヒーの香りって、疲れが取れる気がします。
んで、日本茶を焙じてる香りは、気分が良くなります。
言われてみれば、アロマテラピーかも…?


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ