2008/5/25  21:58

The Daily Show 特派員ファイル【3】サマンサ・ビー&ジェイソン・ジョーンズ  ジョン・スチュワート

サマンサ・ビーは最古参で、ほとんど唯一(残念ながら)の女性「特派員」です。ジェイソンはそのダメ亭主。(いや、ホントにダメなわけじゃないでしょうけど、ダメという役どころ。)二人には2006年1月に女の子が生まれています。

The Daily Show with Jon Stewart 2005/12/7
サマンサ・ビー:あっ、いま破水したみたいだから、もう行くわね。

現在、彼女は第二子を妊娠中。ちなみに二人はアメリカ人ではなく、カナダ国籍です。

中東問題をレポートするジェイソン

The Daily Show 2007/5/21

スチュワート:われわれ(アメリカ)は、どう対応すればいいのかな?

ジョーンズ:われわれ?一緒にしないでよ。おれカナダ人だもん、みんなに愛されてる。カナダ人は世界の『ゲイの友達』さ!


そうだったんだ(笑)。

とりわけ笑えたのは、この3月のニューヨーク州知事スピッツァーの買春スキャンダルのセグメント。アメリカで政治家がセックス・スキャンダルを起こすと、謝罪記者会見で必ず隣に奥さんを立たせるけど、あれはおかしいのではないか?という主旨。(そりゃそうよね。)

The Daily Show with Jon Stewart 2008/3/11

ジョン・スチュワート:こういう記者会見の時に奥さんを隣に立たせるのは、残酷さの上塗りだと思うんだけど…

サマンサ・ビー:そうよねえ。むしろ、売春婦の方を立たせろっつの!みんなが見たいのはそっちなんだから!

スチュワート:で、知事は辞任するって?それに関してのコメントはあった?

ビー:あ〜、それは…聞いてなかった…

スチュワート:昨夜、それを聞いておくように言ったじゃないか。

ビー:…実は、昨夜は飲みに行っちゃって…クラブに…プライベートなクラブに…


(ここでジェイソンが入場)

ビー:ここに私は、家族の信頼を裏切る行為をしたことを告白します…男と…男たちと…何人いたかは憶えてないけど…女もいたかも…謝罪したいと思います。心から愛しているジェイソンに…主に友達としてですが…私たちの娘にも…多分「私たち」の、たしかに「私の」娘に…(ジェイソンに)ほら、ハグしてよ!…ちょっと、キスはやめて!

ジェイソンの情けな〜い顔が、なんとも笑えます。

セグメントの展開はあらかじめ知っているはずなのに、ケタケタ笑っているジョンがいいなあ。「特派員」がジョンを笑わせるセグメントは好きです。

この二人がいると、なんだかデイリーショーがちょっと家族的な、ほのぼのした雰囲気になるのが嬉しい。扱うネタが殺伐としていることが多いからね、どうしても。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ