2009/2/23  21:38

オスカーナイト  映画・俳優一般

(昨日の続き)んなことを言っていたら、もうめいっぱい盛大に歌って踊ってくれちゃったみたいですねヒューは。私はミュージカル好きだから、まあうれしいんですけど...あんまりこの路線を追求しすぎると、トニー賞と区別がつかなくなるような。今年はミュージカル映画はノミネートされてないし、あんまりその年の映画と関係なくなるのはなあ。

とは言え、ノミネート作が年々地味になるから、あんまり映画に合わせていると、セレモニーも地味になる一方なんですけどね。難しいところだ。

ところで、アカデミー賞ならぬラジー賞(最低映画賞)の話ですが、今年のラジー賞に輝いた(?)「愛の伝道師 ラブ・グル」ですが、これ実はスティーブン・コルベアが出ているんですよ。

でも、公開直後のファンサイトでは、スティーブンの熱狂的ファンにすら、「スティーブンの出演シーンだけは爆笑だけど、そこを見るために他のシーンを我慢する価値はない」と言われてしまっていました。うーむ、そこまでヒドいのか。ふつうは「他はヒドいけど、スティーブンを見るだけでも価値がある」とか言うものなのに。ラジー賞も納得?

日本ではビデオスルーで出るみたいですけどね。スティーブンを見るだけのために借りるかどうか迷い中。

<以下、アカデミー賞結果書いてます>

「スラムドッグ$ミリオネア」が受賞してなんとなく嬉しい。まだ見てないけどね。

授賞式は某動画サイトで断片的に見ているだけなんですが、演技賞のプレゼンターがいつもと違ってましたね。あれって、ヒース・レジャーが受賞しそうだから特別に感動を盛り上げる方法を考えたのでしょうか。はたまた、ぺネロぺ・クルスが受賞しそうだから、いつものように前年の助演男優賞のプレゼンターだと恋人のハビエル・バルデムになってしまうのでそれを避けたのか。それとも、来年からもずっとプレゼンター5人でやるのか?それはちょっとくどいような...







2009/2/26  0:02

投稿者:Kumiko

すぎさん

おお、ご覧になられたのですか。ご苦労様です(笑)。そうですねー、ビデオだと、どうしても我慢できなかったら早送りするという手がありますね。サービスデーを狙って借りてみるか。

そうそう、ジョン.オリバーも出ていたのですね。私が好きなコメディアンが2人も出ている映画が失敗作で残念です。

まあ、ジョン(スチュワート)なんか自分が出演した駄作映画のことを、その後10年以上さんざんネタに使ってますからね。コメディアンだと、映画が成功すればもちろん嬉しいし、失敗は後で美味しいネタになるかもしれないし、どちらにしてもプラスでいいですね。

まあ、主演でなければ、また映画が本業でなければ、ですけど。マイク.マイヤーズにとっては、決してプラスではないと思う…そういえばこの映画の宣伝でデイリー・ショーにゲストで来たとき、マイク.マイヤーズはなんとなく憂鬱そうでした。ギトモたんに悩み相談していたっけ…

2009/2/25  1:56

投稿者:すぎ

以前メールフォームで感想を送った者です。
またお邪魔します。

「ラブ・グル」なんですが、そこまでヒドいです。スティーブン見たさに昨年某映画祭で観ましたが、つらかった。カメオのくせに結構ちょこちょこ出ているので寝る訳にもいかないし。
ただスティーブンの役のことだけでいえば、「奥様は魔女」よりいいかもしれないです。アレは微笑んで座っているだけだったもの。

最近の「No Fact Zone」のトピックに、ファンやってていままで一番大変だったこと、ってのがありましたが、私の場合もやっぱり「ラブ・グル」観たことになるかも。

で、スティーブンはまだいいけど、これが初映画出演のジョン・オリバーは…。

これでは借りるなっていってるみたいですが、ええと、ビデオなら大丈夫!(だと思います…)。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ