2009/4/6  22:14

New York 断片的な旅行記〜The Daily Show with Jon Stewart (その1)  ジョン・スチュワート

クリックすると元のサイズで表示します

えー、まず今回の旅行のそもそもの目的である「The Daily Show with Jon Stewart」のテーピング(収録)の話からしますね。

そもそもデイリーショーのチケットをどうやって手に入れるかと言いますと、公式ページのTicketのところから申し込むわけです。

http://www.thedailyshow.com/tickets.jhtml

このページのカレンダー、普段は全部の日付がグレイになっていますが、チケットが出る時だけ、チケットのある日付が黒く変わってクリックできるようになります。チケットのリリース日は不定期なので、このページをひたすらこまめにチェックするしかないんですけどね。一度に申し込めるのは一日だけで、その日が済むまで次を申し込むことはできません。ジョンは時々番組で、「チケットはタダなんだから!」と叫んでいますが...タダはタダでも、けっこう大変なんですよ(笑)。

(チケットがタダだっていうのは、要するに、テーピングを観に行く人っていうのは「お客」じゃなくて、撮影の参加者、ノーギャラのエキストラみたいなもんだということです。この番組の本来の「お客様」は、ケーブルテレビに加入して、コメディ・セントラルでCMと一緒に観ている人たちですから。)

私が今回(3月30日)のチケットを申し込んだのは、去年の10月20日。その時点ではまだ休暇がとれるかどうかも定かではなく、賭けみたいなもんだったのですけど。まあ行けない場合は、二週間前まではキャンセルができるので大丈夫なんですが。(ただし、キャンセル手続きをしないで当日になって現れないと、その人は当分の間申し込めなくなる。)

申し込みが受理されると自動返信メールが来て、それをプリントアウトして持って行って並ぶのですが、たいがいオーバーブッキングしているので、遅く行くと入れなかったりするそうです。ただし入れなかった場合、次に来た時に並ばずに入れるVIPチケットというのをくれるそうです。だから月曜のチケットを取ったの。万一入れなかった場合、火曜日以降に出直すことができるので…1週間の滞在中で4回チャンスがあれば、まあ確実に入れるだろうと思って。

ま、そこまで心配症にならなくても、よっぽどのこと(オバマ大統領が突然ゲストで来るとか)がない限り、早めに行って並べば大丈夫なんですけど。

さて、幸い休暇も取れることになって、飛行機とホテルの予約をして、いそいそと出かけたわけです。

上の写真はThe Daily Showのスタジオの外観。前日(日曜日)に下見に行って撮影したものです。(人が並んでいる時だと、撮影したらまずいかもしれないと思ったので。)この青い日除けの下に、ずらっと並ぶわけです。

スタジオの場所はマンハッタンはミッドタウンの西の外れ、11番街の51丁目と52丁目の間です。このあたりは「ヘルズ・キッチン」と呼ばれる地域で、その昔(1970年代ごろまで)は、とってもとっても危険なところだったそうです。でも、今はまったくそんな感じはなくて、高校とかもあるフツーの街外れです。セントラルパークで馬車を引いている馬の厩舎が近くにあって、微妙にかぐわしい匂いが(笑)。タイムズ・スクウェアから歩いてせいぜい15分ぐらいのとこなんですけどね。雰囲気はずいぶん違います。

ちなみに、数ブロック離れたところ(11番街と10番街の間、54丁目)に「コルベア・レポー(ト)」のスタジオもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

つづく。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ