2009/9/27  23:24

オーブリー&マチュリン「21」(その9)  パトリック・オブライアン

今回から第二章に入ります。今回は短いです、すみません。

その後、ジャックと息子のサム神父は約束どおりサプライズ号の艦上で和気藹々とディナーを楽しんだのですが、その後、アルゼンチンの総督にも招かれて、豪華なディナーパーティに一緒に出席しました。

一緒にと言っても、もちろん主賓は父でなく息子の方、アルゼンチンへの教皇特使、神の代理人の代理人たるサミュエル・ムピュタ神父(正式には母の名前を使っているらしい)(「パンダ」は、たぶん母親が結婚した人の名前なんでしょう)の方で、主賓席に座っているサムに比べて、ジャックはだいぶん下座でした。(ジャックとしては、文句はないどころか、とても誇らしく嬉しいことでしょうけどね。)

サムに対するこの下へも置かぬ扱いは、もちろん教皇特使だからということもあるのですけど、それ以上に、ブエノスアイレスにくすぶっていた動乱のタネを、サムが影響力のある穏健派の人々と、彼らに雇われている黒人労働者たちを説得することで見事に抑えてくれたということもあります。

で、ジャックが帰り道、マストヘッドに命令するような大声で「すばらしいディナーだったなあ!(My God, That was a damned good dinner)」と叫ぶほど豪華なご馳走がふるまわれたようですが...その内容を読んで、私はちょっと「え?」となってしまいました。

メニューのひとつとして挙げられているのが、ラプラタ河で取れた新鮮なロブスター(ふむふむ、美味しそうだ)の、苦いチョコレートのソース添え(...はあ?)と、山で獲れた70匹もの最高級のモルモット(...え?)

ロブスターにチョコレートソースも「???」ですが、モルモット(guinea pig)とは...ペルーに行った時(16巻)でもモルモットを食べる話はありましたが、てっきり非常食なのかと思っていました。総督のディナーにも出るような料理だったとは。美味しいのかなあ?

だって、モルモットってこれですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
ラブリー♪

画像検索していたら、料理された写真も見つけてしまいました。まあ、ちょっとアレな写真なので、あえて見たいという方だけどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します



2009/9/29  0:59

投稿者:Kumiko

そんなに可愛い表現をされると、料理された写真と並べて置いたことに罪悪感を感じてしまいます。(わざとなんですけど。)

オポッサムって、食べるんでしょうか...モルモットは現在でもペルーの名物料理だそうですね。現在は山で獲ってくるのではなく、養殖みたいですけど。

ちょっと食べるには勇気がいりそう...

2009/9/29  0:10

投稿者:じゅうばこ

そう言えば、この何かを訴えているようなマナザシは、今もあんまり変わりませんね。

毛色やかたちはジャックっぽいですが、じっと見ていると駅で聖書を読んでたベン君もこんなんだったのかなとふと思います(笑)。

こんなことばかりにこだわるのも何ですが、いくらラプラタ川近辺とはいえ、モルモットが70匹もとれるものなんでしょうか。あ、いえ、調べていただかなくてもいいですが。
ラッセルの故郷のニュージーランドではオポッサムとかいう似たようなのがいっぱい獲られてるようだから、あんなものなのかなあ。

2009/9/28  22:23

投稿者:Kumiko

ラッセルがかわいい頃とはなんですか。今でもかわいいじゃないですか。

...冗談です。

しかし、このつぶらな瞳、ふくふくした白いほっぺた、髪(毛)の色、まるまるとした体格...そういえばラッセルというより、ジャックに見えてくるから不思議です。

ジャックは、お腹がいっぱいになりさえすれば「すばらしいご馳走!」と賞賛しそうな気がします。

2009/9/28  9:14

投稿者:じゅうばこ

禁断の写真まで拝見してしまいました(笑)。写真が(料理じゃない方)、何だかラッセルのかわいい頃に似ているのは偶然なのでしょうか。
現地の皆さんはともかく、英国から行っても同じように味わえるのは誰でもそうなのか、ジャックがえらいのか…。
たまに感想言うと変なことですみません。楽しく淋しく(別れが近いと思うと)読ませていただいてます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ