2009/12/24  0:06

クリスマスによせて "Much Worse Things"  スティーブン・コルベア

去年の番組ですが、最近BGVにしているスティーブン・コルベアのクリスマス・スペシャル「A Colbert Christmas: The Greatest Gift of All」から一曲。スティーブンとエルビス・コステロのデュエットで、良い歌です♪

The Colbert ReportMon - Thurs 11:30pm / 10:30c
A Colbert Christmas: Colbert/Costello Duet
www.colbertnation.com
Colbert Report Full EpisodesPolitical HumorEconomy


A Colbert Christmas: Much Worse Things to Believe in

エルビス:批判する人もいる 懐疑的な人もいる

冷静で気難しい人は山ほどいる

この季節が感傷的で偽善的で

我々が大切にしてきた全てを、安っぽくて下品な商業主義の茶番にしていると言う人もいる

スティーブン:そう思う人がいるのは

まあわかるけど、

クリスマス精神に欠けているなあと、可哀相に思うよ

だって、スティーブンに言わせれば、こんな世の中じゃあ、

もっと悪いことを信じることだってできるんだよ。

エルビス:罪の贖い主、救い主、良い子にオモチャを配る太ったおじさん

スティーブン:もしかしたらと信じる心、見えるかもしれない希望

ツリーの下に置かれた箱の中に、すべての悲しみへの答えがあるかもしれないってこと

馬鹿馬鹿しいと思うかい?

エルビス:感傷的だと思うかい?

スティーブン:まあ、あなたはあんまり利口じゃないようだから、

二人:大目に見てあげるよ

スティーブン:漠然と理解したつもりにもならなくていいよ

二人:信じるのにもっと悪いことは山ほどある中で...

スティーブン:審判の日を信じたり、聖戦(ジハード)を信じたり、

ありとあらゆるバリエーションの、暗く悪意に満ちた神を信じたり

エルビス:お金を信じることもできる、権力を信じることもできる

科学でもいい、あと一時間ですべての惑星が滅びるって信じることもできる

スティーブン:叶わない夢を信じたり

エルビス:叶う夢を信じたり

スティーブン:そして、何も信じないこともできる。

二人:何も信じない人もいる。

でも、何も信じないなら

あなたのところには何もやって来ないかもしれない。それをどうやって防ぐんだい?

スティーブン:メリー・クリスマス、ハッピー・ニュー・イヤー

もういいかな?いろいろ忙しいんだ

まだ吊るしていない靴下があるし、

カラフルな電飾も、もっと吊るさなきゃ

エルビス:一人四重唱のクリスマス・キャロルも歌わなきゃならない

スティーブン:馬鹿だと呼んでもいい、おセンチだと呼んでもいいよ

何と呼んでもいいけど、まず「幸せ者」と呼んでほしいね

君は疑う、でも悲しい

ぼくは信じる、でも嬉しい

二人:たぶん、どっちもどっちだね

スティーブン:少なくとも、これがぼくの信じていることなんだ

二人:信じるのに、もっと悪いことはたくさんあるんだよ。


それではみなさま、Merry Christmas and/or Happy Holidays!




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ