Dear Friend,Gentle Heart
よかった!良性だった!  病気

神さま、感謝です!

ちゃーすけさんは、良性腫瘍とのこと。
なによりなにより、ほっとしました。

病院玄関に「スタバ」があるってんで、
すわっ、ごろ寝と同じ病院かっ、と思いましたが、
残念?ちょい違いました。
でも、日本最高峰の大学病院です。

1.眼科の先生が異常に気づいてくれたこと。
2.良い病院を紹介してもらったこと。
3.病巣がハッキリ確認でき、それも良性だったこと。
4.手術で治ること。

どうです、すべてオッケーですよ〜、本当によかった。
つまり、治ったも同然です。

手術は怖い、ドキドキでしょう。
手術が平気な人なんて、ひとりもいやしません。
この、ごろ寝だって、「ぐえ〜、やだ〜!」って思いましたもん。

でも、どきどきするのは、入院してからで大丈夫です。
入院した日は、特に何にもないし、あっても検査か点滴ぐらい。

だから本当にドキドキするのは、手術の前夜と手術の朝だけで充分です。
ドキドキしながら手術室へ入っても、先生に会うとほっと安心しますよ。
手術台に乗ってドンドコドキドキでも、麻酔ですこっと寝ちゃいます。

麻酔から覚めて、思いました。

「腹減った〜」

さて、ちゃーすけさん書いています。
http://kotatuneco.blog59.fc2.com/blog-entry-1843.html#comment3166

  >無事だったら、これから先、生き方変えます。

無事に決まってま〜すっ(^^)v

  >何か、人様のお役に立つことを。
  >小さくてもいい、何かするようにしたいと思いました。

ったく、若いもんはこれだからさ(笑) 泣)
人は、生きてるだけで、周りの人の役に立ってるんだよ。

治ったら、もういやなことは絶対にしない!
好きなことを徹底的にやってやるっ!

っと思った私とは、やはり人間がぜんぜん、違います(^^;)

しっかり!といっても、ときには泣きたくなるでしょう。
落ち着いて!といっても、時にはパニックになると思います。
それでも、日は着実に淡々と過ぎていきますからね。

どうかお大事に、
ご無事に、手術の日を迎えてくださいますよう。



2011/6/27  10:02

投稿者:ごろ寝の人

ちゃーすけさん;
わざわざ、いらしてきただきありがとうございます!
なにも心配はいらないと言われても、なかなかそうはいかないですよね。
手術の日まで、長いのが余計に辛いですね。
「必殺」や「博太郎さん」にラブ注入で、憂さが晴れるといいなと思います。
大好きな打ちこめるものがあるとないでは、モチベーションが断然違う。
手術の日まで、少しでも体や心を安らかに過ごされますように、
祈ることしかできませんが、いつも祈っています。
大事にしてくださいね。

2011/6/25  23:08

投稿者:ちゃーすけ

もう、本当にありがとうございます。
きっと知らず知らず、自分のことで頭いっぱいで失礼があるかと思うのに。
ごろ寝の人さんに気づかぬうちに、きっとずいぶん甘えて。
失礼があったらごめんなさい、病が言わせてると思ってご勘弁ください。

とても心強い言葉です。
そして、なんと私の心細さ、弱さを支えてくれていることか。
いやー、私、ほんとに小さい人間なんですよ。
なのに記事にまでしていただいて、本当にありがとうございます。

みけむうさんも、ありがとうございます。
みけむうさんのことも、実は読ませていただいたことがあります。
やはり、これが自分でなくて身内だとしたら、いてもたってもいられない気持ちだと思います。
本当に、ありがとうございます。

元気付けられました。
うれしいです。

http://kotatuneco.blog59.fc2.com/

2011/6/25  7:12

投稿者:ごろ寝の人

みけむうさん;
ありがとうございます、って、ちゃーすけさんの親か・・・笑
みけむうさんは、ご主人の手術を何度に何度も立ち会われて、長い間辛いご養生を強いられていたご主人を見つめてこられましたね。身近なご家族にも入院手術は辛いものですよね。

ちゃーすけさんの病気の知らせに、なにかいてもたってもいられなくて。
いきなり、「手術です、乳房再建しますか?!」って言われた自分のこと思い出しちゃって。ちゃーすけさんとは、実はお会いしたこともないんですけど、文章を読むと、聡明で誰にでも思いやりがあってね、いつも物事を深く考える方なんです。本田博太郎ラブにはつい笑ってしまいます。それが、いきなり脳腫瘍っていう診断にどんなに落ち込んでるかと思うと、声を大に叫びたくなっちゃって。だいじょうぶだよって。たはは、いい年こいて余計なことをしたかもしれないですね。
でも、外科手術の進歩は驚異的です。これは間違いないですから。昔は、傷がよくなるまで安静になんていわれていましたが、今は、痛くてもどんどん歩け動けです。私の乳がんの手術後も、あんまり痛くないので、心配しちゃうぐらい(笑)ちゃーすけさんもきっと、麻酔からさめたとき、「えっ!うそ、霧が晴れたみたい!」って、びっくりすると思います。そうなるに決まってます。みけむうさんも祈ってあげてくださいね。ちゃーすけさん、今日もがっつりブログ更新してますよ(^。^)

2011/6/24  22:49

投稿者:みけむう

よかったですね!
前回の記事を読み、なんといってよいやら・・・と、ただただ祈っておりました。
とはいえ、やはり手術は手術。
ちゃーすけさん、どうかおだいじに。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ