Dear Friend,Gentle Heart
白内障手術がしたんですケド  病気

白内障ではないけれど。

白内障手術、たったの5分!?

先日テレビで観ました。
三井記念病院の赤星先生、素晴らしいですねえ!

白内障手術をすると、視力も回復できるそうです。
80歳のKさんも手術後、
「色がハッキリ見える!」と喜んでいた。

いいなあ!

ワタシも早く白内障の手術がしたいよ。

視力回復のために。

ド近眼に老眼が来て、右目は黄斑症、左目は極度の飛蚊症。
メガネをかけても遠くは見えるが近くはダメだ。

遠近両用メガネを2つに、
ソフトコンタクトも強いのと弱いのを使い分けて、
もちろん老眼鏡は必携ざます。
これで遠くはそこそこよく見えても、
近くの細かい数字などは四苦八苦。

こんなことで定年まで働けるのか。
ま、テニスは大丈夫だと思うが。

ビー玉だったら、ぜってえ無理っ

遠近両用コンタクトも考えたが、
作った友人から「いまいちよくない」と聞いて使ってない。

飛蚊症の左目がときによって、眼ヤニでもかかったみたいに
ぼんやりしてしまうとほんとにね、危険ってもんですよ。
右目が黄斑症になる前は、右目が頼りだった。
いまはその頼りない左目が頼りなのだ。

レーシックっていうのも、年齢制限があって60歳が限度らしく、
ごろ寝のように黄斑症飛蚊症などほかの障害があるとダメらしい。

だから、早く白内障手術が早くしたい!
ごろ寝の目にはもうこれしか道はない。

ほとんどの人が加齢で白内障になるそうなので、
眼科の先生の話では、
ごろ寝もわずかづつその兆候が進んでいるようだ。

エクセルのセルの色、
モノトーンの一番上白のすぐ下のグレーは、
実はもう識別できなくなった。

自分でもびっくりしちゃって、ってか、がっくりきた。

先日、他人作成のエクセルファイルを加工しようとして、
ドラッグでアクティブにしたら、
セルに色が入っていて縞模様になったので、チョーびっくり!
だって、見た目真っ白なんだよ〜

「ねねねね、見てみて!!魔法よ、魔法!!」と大騒ぎ、
自分のPCに同僚を集めちゃったら、

「なんだ、色着いてるじゃん。」
「ほら1行おきに、薄いグレーが。」って。。。。。。。

へ?グレー?見えるの?これ、色ついてるのお?!

いくら目を凝らしても、ぜ〜んぜん見えない。

赤青黄色以外の色が見える人間がたまににいるそうですけど、
その逆バージョンになった気分。。。。

みんなには縞模様に見えるのに、私には真っ白にしか見えない。
まじ、頭の中も真っ白になりました。。。。。。。。。

だからね、

80歳になって白内障手術して見えるようになっても、
仕事はしてないだろうし、
もっと早めの手術がいいんじゃないのか。
今、仕事で困ってるんだから。

大震災が東京に来るって連日テレビでもやってますがな。

こんなじゃ、地震でも来て、メガネが壊れたら、
遠くどころか足元もあぶない。
あたしゃ耳も聞こえず、逃げることもできないっつーの。

白内障手術も三割負担で5万円ほどらしい。
ってことは、健保はざっと16万7千円。

健保が使えなくても、今なら払えるよなあ。。。。。。。。



2012/4/27  16:52

投稿者:ごろ寝の人

ちゃーすけさん;
いつもありがとうございます!

>私が一緒に仕事をしていた人は色弱で、こっそり図面に引いてある色を「これ、赤?」と聞いてきてました。

いやいや、この方は遺伝的な障害ですよね、病気ではなくて。私のボヤキとはだいぶ違います。で、赤?と尋ねつつ、赤を知っているのでしょうか?これはこう見える、こちらはこうみえるという法則のある方もいらっしゃると聞いたことがありますが、職場もカラーの時代になって、かえって辛い思いをなさってますね。いや、遺伝は辛い。

>普段はとーっても強気の人なので、あんまり色弱の事は言わなかったです。
>私には一緒に仕事する上で「この色は使わないで」と言っておきたかったそうですが、それでも1年以上経ってから言われました。

言うには勇気が要りますねえ。

>私に渡す原稿をたまに「変わった色で書くなあ」とは思ってたんですが、彼にはその色が一番見やすかったらしいです。
>子供の頃は図工、美術の時間がつらかったそうです。

なるほどお〜、しかしいったいどんな色だったのでしょう。ちょっと想像もつきませんが。

>白内障はみんな、通る道みたいですね。
>お大事になさってください!

ありがとうございます。まだまだ、こんなこと、わがまま言ってるだけっちゃ、言ってるだけなんですけどね(^^;

2012/4/26  20:33

投稿者:ちゃーすけ

私が一緒に仕事をしていた人は色弱で、こっそり図面に引いてある色を「これ、赤?」と聞いてきてました。
もう少し強く出てしまっていたら、免許も取れなかったらしいです。
遺伝なので、自分の子供が男なら色弱だけど、そこで終わり。
女の子なら色弱は出ないけど、その子の子供にも遺伝は引き継がれると言ってました。

普段はとーっても強気の人なので、あんまり色弱の事は言わなかったです。
私には一緒に仕事する上で「この色は使わないで」と言っておきたかったそうですが、それでも1年以上経ってから言われました。
私に渡す原稿をたまに「変わった色で書くなあ」とは思ってたんですが、彼にはその色が一番見やすかったらしいです。
子供の頃は図工、美術の時間がつらかったそうです。

白内障はみんな、通る道みたいですね。
お大事になさってください!

http://kotatuneco.blog59.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ