Dear Friend,Gentle Heart
寝坊の朝は  ゴタク

暖冬で暖かいとはいえ、
朝はやっぱり起きるのがツライ・・・。

ちっ 寝坊だ、間に合わん。
しかたない。

タクシーで行くか。

捕まえたタクシーに乗り込みざま、
「○○通りへ出て、××警察 まで行ってください。」
出来るだけ低い落ち着いた声で話すのがベター。

すうっと気持ちよく走り出したタクシー。
タクシー代もったいないけど、まあ、しかたない。
寝坊した自分が悪いのだ。

バックミラーに映る運転手が何か問いかける。
ここを右折していいかと聞いているのだ。

「ん?あ、いいですね。お願いします。」

余計なことは話しかけないし、話しかけられない。

××署が近づいてきた。
早いなあ、普段の3分の1の時間で着いちゃうの。

「横付けしなくていいから、その信号の手前で、
 止めてください。」

うっ、やべえっ、1万円札しかないっ!(汗汗汗)

「すみません、細かいのなくてね、これで。」
あくまでも落ち着いた低い声で話すのがベストだ。

運転手さんが、ごぞごそキョロキョロしはじめた。

「あ、おつり、ないですか?いや、もうしわけない!」
とにかく、あくまでも落ち着いた低い声で・・・・。

「いえ、大丈夫っす!すみません、ちょっとそこで、
 両替してきますから。待っててください!」
運転手さん、いい人だ。

「悪いなあ。ごめんね〜(^^)」

駆け足でコンビニへ飛び込む運転手さん。
もどってきたその手には、白い買い物袋が。
なにか買い物してきたのだろう。

「申し訳ありませんでしたね。お手数かけちゃった。」

「いえ、お待たせして申し訳ありませんでした!
 ご乗車ありがとうございました!」

「どうもね〜」

今朝も、朝から気持ちいいです。

あら?まだあのタクシー停まってる・・・。
いかん、こっち見てるな、ちぇ・・・・。
しかたない、一応警察のほうに歩いていこう。

やだ、まだ停まってるよ、なんで?
警察署に入るわけにはいかんだろうがっ!?

あ、そうだ!ドトールだ!

踵を返し、ドトールへ逃げ込んだ。
あくまでも、落ち着いて・・・・。

ガラス越しに、タクシーが去ったのを、
しっかり見届けてから、そそっと職場へ。

最後まで気を抜かず、手を抜かず。

寝坊の朝は、サスペンス。





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ