Dear Friend,Gentle Heart
エイプリルフール  昔話

こんにちは、ごろ寝です。

4月に入ってしまいましたね。
「しまいました」って、
なにがどうっていうわけでもないが、
忘れ物をしたみたいで、せわしないような、
落ち着かないような・・・・
そんな気持ちがするのはわしだけでしょうか。
いいのか?大丈夫か?「モレ」はないか?
要するに仕事のし忘れはないかと、
この季節、異常に緊張するみたいです。
以前の職場は、やたらと緊張感を盛り上げられ、
大声で怒鳴る人がおりまして、
「オルア〜、年度末だぞう!準備はいいかあっ!」
みたいな
大声で怒鳴るのは、ほんとうにいけませんね。
いったいあれはなんだったんでしょう・・・・・笑

18年もいたので、それが染み付いてしまった。。。
その点、今の職場はありがたいですね。
エイプリルフールを楽しむ余裕もあります。

が、エイプリルフールになったから、
さあ、どんなうそをつこうかと考え始めても、
遅〜いのだ。
4月2日から考えを練っておくくらいでないと、
いいうそはつけません。
こういうところ、年賀状と似ていますね。
なにごとも準備、準備です!
こういうところ、テニスに似ています(笑)
さて、みなさん、今朝は誰かをだましましたか?

今年も、ごろ寝はうそがつけませんでしたなあ。
だいたいうそが苦手なんですよね。
うそって、体力や我慢がいるじゃない?(笑)
うそつき続けるくらいなら、ぶっちゃけた方がいい。
今までで最高に完璧にひっかけたうそは、
ずいぶん昔です、小学生の頃。

ちょうど子供は春休みです。
朝、9時ごろ、のろのろ起きたごろ寝は、
「う〜、よし行くぞ!ファイッ!」実行だ。
そのまんま、母親のいる台所へとことこ、

「今日、学校に行く日だったよ〜え〜ん」

だははは!
かなりの勇気が要りましたんですよ、この、
パジャマのままで階下の台所に行くっていうのは。

ごろ寝の家は、下町の商売屋で、家中が会社、
朝の8時ごろから、従業員や運送屋さんやらが、
大勢どやどやと入り込んで働いています。
当時母は仕事の手伝いだけでなく、毎朝5時起きで、
そういう若い衆のご飯の面倒も見ていました。
まあ、相撲部屋のおかみさんみたいなものです。
物心ついてから、わしはそういう暮らしが嫌で嫌で、
絶対にパジャマなんぞでウロチョロしませんでした。

だから、これは効きましたね(笑)
母はだまされて、そして、あきれて笑い出しました、
洗い物の手を休めて。
私も大得意で笑いました。

あはは、なんだか泣けてきてしまいました〜(笑)



2008/4/3  12:46

投稿者:ごろ寝の人

確かにミラクルだね〜子供はウヨウヨ、ジジババあたりまえ、オマケに住み込み従業員何十人も。ほんっとにお母さんは大変だったよねえ・・・自分には絶対に出来ない、絶対無理、嫌だ!と思った。やるんなら、オヤジの方だって(笑)

2008/4/3  9:06

投稿者:タメ従姉妹

アハハハ。。。私も泣けてきた。今、BSからの昔の曲を聞きながらごろちゃんのプログ見て…どっぷり昔を思う。仕事は違っても同じ下町の工場。うんうん、朝から晩まで母達は大変だったよね。高度成長時代ど真ん中!今こうして同じ想いを語れるのは奇跡じゃない?


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ