Dear Friend,Gentle Heart
たまらん〜  つれづれ日記

今朝のラッシュアワーでの出来事。

行列の最後に乗り込んだごろ寝のまん前に、
若いリクルート男がいた。
彼はイスの手すりに寄りかかって居眠りしていたが、
やおら鼻くそをほじって、食べはじめた。

(ぐえええっ!泣)

のけぞりました。
次の駅で出入りする人にまぎれて、
なんとか車両の奥へと逃げ込んだ。
「信じらんねえっ
そのとき、つい、ごろ寝が上げたつぶやき声に、
男は一瞬目を開けたが、すぐ目を閉じた。
寝ぼけてんのか、こいつ?

居場所を変え、しかし気になるその後の動向。
斜め後ろからじっと様子を見ていると、
その彼氏、またぞろ、鼻ほじって口に。。。。

ごろ寝の右前の男性も、その隣で、
男と真正面の若い女性もチラチラ見てます。

あ、鼻の穴に突っ込んだ人差し指に血が!
おええ〜っ、それもなめております!

が、なかなか止まらないようだと判断した男は、
ズボンのポケットからシワシワのハンカチを出し、
止血に懸命になり始めた。

鼻から離したハンカチは鼻血で丸く染まり、
次々と暗褐色の水玉模様となっていった。。。。。

ティッシュやろうかと思ったが、あいにく、
手を伸ばしても届かない場所だった。

こいつにいいたいことは山ほどある。
しかし、なにかひとつと言われたら、

「よく目を開けて、周りを見ろ!」と言いたい。

お前はひとりで生きているんじゃないぞ。
大勢の人に囲まれて、社会生活してるんだぞ。

しかし、やっぱり、
「鼻くそを食べてはいけません!」
から、言ったほうがいいのだろうなあ・・・・・

で、その次に、人前で鼻くそをほじるんじゃない、
で、次に、いつもティッシュを・・・・・

いんや、鼻ほじった瞬間に、
ぺチッと頭を叩いてやるのが、
本当の親切というものだったかもしれない。

力不足であった。




2008/5/28  10:34

投稿者:ごろ寝の人

人間、あまりひどい場面からは目が離せなくなるものですよ。高校の頃、夕暮れのラッシュの最中、わしの前で背中を向けていた男性の真っ黒なワイシャツの襟にびびったら、そいつはなんと歯を磨いていたんです。ちゃんと歯磨き粉をつけてね・・・・この事件は、あれ以来の仰天事件でした。。。。

2008/5/26  21:09

投稿者:ポンポ

これはひどい、
こんなシーンは遭遇したこと、ありません!
というか、もしみかけたとしても・・・・じっと見てられぬ。
最後まで見届けただけでも、おえっ。すごい!


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ