将棋 森信雄の「実戦次の一手」

実戦からの次の一手を出題します。解答はその日に掲載。

 

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:森 信雄
nigawano-ahiru様
 ▲7八桂はどちらもうっかりしやすい手です。入玉になると桂は使えない先入観もあり・・
 こういう局面で冷静に読めればいいのですが、やはり動揺しますね。
投稿者:森 信雄
一酔斎様
 入られる前に詰まそうとすると焦ってしまいますね。入玉の展開は焦りが禁物です。
投稿者:nigawano-ahiru
先手陣のほうから抑えるんですね。7六に馬を引く手を一生懸命考えておりました。7八桂は結局浮かびませんでした(;_;)。
投稿者:一酔斎
相手が『入玉』の体勢になると、「入られる前に詰ませよう」と、変に焦ってしまって失敗してしまいます。

「入りそうな瞬間がチャンス!」

この言葉を肝に銘じます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ