将棋 森信雄の「実戦次の一手」

実戦からの次の一手を出題します。解答はその日に掲載。

 

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:森 信雄
八枚落ち様
 受けがメインで、攻めは受けの距離感を計ってからがプロの基本の読みでしょうね。
 勝つよりもまずは負けない指し方でしょうか。「読みとは相手の手を読む」ことが大切です。
 棋聖戦は鈴木八段の出来如何だと思います。普段どおりの将棋を見せてほしいですね。
投稿者:八枚落ち
▲同銀や▲6七桂と手を入れて攻め合うためには、その
後の展開が読めなければダメ。そこが難しいです。先
日の名人戦でも△7七桂成の代わりに△2三角と打てば
面白いとの名人のコメントがありました。まぁレベル
の違いはあるにしても、プロも悩むのでしょうね。さ
て今日は棋聖戦。羽生三冠を退けての挑戦者鈴木八段
の粘りのある将棋を見たい、、です。第1局が鈴木八段
にとって正念場な気がします。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ