将棋 森信雄の「実戦次の一手」

実戦からの次の一手を出題します。解答はその日に掲載。

 

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:森 信雄
八枚落ち様
 八枚落ちさんの質問は参考になる内容が多くて、見ている人も面白いのではと思います。(局面をにらんで腕組することもありますよ)
 これからも遠慮なさらず、代表質問のつもりで?書き込みして下さい。
 第1問は端をからませた攻めの問題で、こういうときは明快さが考えるコツです。
 第2問は難解な終盤で、無理に合い駒させてピンチを凌ぐ、合い駒しないと詰みという絶妙の手段が▲3一とから▲2三馬です。
 一手違いの終盤では、常に攻防につながる手を考えるのがコツです。
 名人戦、いよいよ第六局の2日目です。是非第七局を見たいですね。
投稿者:八枚落ち
毎日沢山の方がこのブログを見てるのでしょうが、ど
うしてみんさんコメントを残してくれないのでしょ
う。なぜか最近、私だけが個人教授(単に恥をかいて
いる?)して頂いてるみたいで少し気が引けるのです
が、、、。ぜひみなさんコメントして森さんを驚か
せ、喜ばせそして困らせると言う三手詰めにしましょ
う (^^)♪。みなさんぜひ協力して下さい。
さて第1問〜第1感は、▲1三歩でしょうか?違いまし
たね。控えて▲2六桂ですか?ムズ、、、ですね。第2
問〜困りました(;_;)。△7七角成以下の自玉の詰
みしか見えません。一気の寄せに出るとヒントを頂い
ても、、、。王手するなら、▲3一と△同金▲同馬△同
玉、又は▲5二銀。いずれも詰まないと思いましたが、
▲2三馬は全然気づきませんでした。
名人戦第6局が始まりました。谷川九段勝って第7局へ
と勝手な思いです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ