将棋 森信雄の「実戦次の一手」

実戦からの次の一手を出題します。解答はその日に掲載。

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:森 信雄
八枚落ち様
 第1問▲5一馬△9一飛に▲8四桂はさすがに強引すぎて切れそうですね。やはり▲7三馬がいいと思います。
 第2問▲4二銀以下食いついて先手の勝ちです。
 きれいに食べた感じで、健康優良児でしょうか。
 出題形式ですが、第2問は第1問の形がヒントになってしまうので、できるだけ離れた局面で出題しています。逆に推理するのも面白い発想ですね。
 こんどいつか推理する問題を作ってみたいですね。
(A図からB図への指し手を推理する)
 やみ鍋問題でしょうか。うまいネーミングですね。
投稿者:八枚落ち
第1問▲9二歩△同飛が入ったのなら▲8四桂もしくは
黙って▲5一馬が考えられます。▲5一馬△9一飛▲8四
桂△5一飛▲7二竜△同金▲9五銀???たぶん8六銀が
9五〜9四と進んだのでしょうが、後手はすべて手抜
き。それに見合った手が難しい。
第2問▲4二銀△5二飛▲5五香△同馬▲5三金△同飛▲
同銀成△同玉▲5五金として飛角を持ち、次に7一角な
どを狙う筋が浮かびました。ところで5筋の歩が消え
て、先手の金が7八から6六の地点までどうして行った
のか?(解説を見て分かりました)息子もこれくらい
きれいに食べてくれるといいのですが。離乳食、なか
なか思うように食べてくれません。
二問出題形式になっての感想ですが、第1問は第2問の
駒配置をヒント(手駒や盤上の駒から推理)に考える
ことが出来ます。第2問はこれまでと同じ”次の一手”形
式ですね。ただ全体的にボリュームアップで考える時
間は増えました。このような機会がないと、なかなか
考えながら読まないので個人的には楽しめます。「ミ
ステリートレイン」とでも名付けましょうか?「やみ
鍋」ではちょっと(/>_<)でしょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ