将棋 森信雄の「実戦次の一手」

実戦からの次の一手を出題します。解答はその日に掲載。

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:森 信雄
八枚落ち様
 第1問は持ち駒に歩が一枚しかないので、利かしを優先したいですね。
 第2問▲5三とが間に合えば理想ですが、一手負けになりそうですね。実戦的にも▲4一角と食いつきたいところです。
 子ども教室での指導ならあえて▲5三とで、寄せの力を養うために指すこともあります。
 手勝ちの局面でもきっちり寄せるのは大変です。また案外試してみるのも、面白い勉強法です。
(わざと緩めるのでなく、寄せの勉強です)
投稿者:八枚落ち
第1問〜▲2五歩△1三銀と利かせてから▲6四歩を考え
ましたが、利かしナシの方がいいのでしょうね。
第2問〜第一感は▲4一角又は▲5三との筋。4一角はそ
の後の攻め合いがどうなるのか見えませんでした。銀
は入手できますが、一枚不足と思っていたら3三にあり
ました。放置すれば▲3二角成△同玉▲4一銀△2二玉
▲3二飛△1三玉で▲3三角成が利きます。と金が間に
合えば一番いいのですが、さすがにそれほど甘くない
ですね。5三となどとやっていると将棋そのものが糖尿
病にでもなるのでしょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ