将棋 森信雄の「実戦次の一手」

実戦からの次の一手を出題します。解答はその日に掲載。

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:森 信雄
八枚落ち様
 7月に入りました。第1問は▲4一銀が攻めの形です。こういう銀を打つときは、銀を逃げたときのことを考えないで、とにかく打つことです。
 第2問▲8四角は角が居なくなると、金銀で詰む形なので危険ですね。例えば△7五銀▲5一角成△5二飛。
 ▲7二歩もありますが△4二金引が気になります。
 終盤は難しい局面が多くて、次の一手問題にしても、不安は付きまといますね。何か他に手があるのでは?と思ってしまいます。
 自分の感覚を掘り下げて確認するのがいいと思います。
投稿者:八枚落ち
今日から七月ですね。第1問〜第一感は▲4一銀でしょ
うか?▲1一歩成があるので△3一玉に精算せず▲5二
銀と絡む。
第2問〜冷静な好手ですか?一目には見えません。ただ
二枚の銀が雲水姿の修験僧に思えて来ました。私には
何も語ってくれません。
暫くすると▲8四角、▲7二歩、▲6二歩、▲5三
歩、、、が浮かぶ。
▲8四角△同飛▲4三銀成△4一玉▲5三桂(△3一玉な
ら▲3三桂成)△同角▲5二金△3一玉▲5三金引く。し
かし自玉はどうなっているのだろう?
答えを見ます。なる程、確かに落ち着いた一着です
ね。チラっとは考えたのですが、遅い気もしました。
驕りや憂えなく着手したいですが、私のレベルでは、
その答えがいつも紙一重彼岸にあります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ