雨の日はおとなしく  

積もった疲れをとらねば…と言い聞かせておとなしく過ごした一日。

古いアルバムから…
学生時代ですが、なぜ眼帯をしてるかということを説明しましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

夜行寝台から青函連絡船に乗り継いで津軽海峡を渡っているころ、
じわじわと目が痛くなってきた。
うっかりコンタクトをしたまま眠ってしまった結果。
旅先での病気や怪我の多いreinだから
かつてどれだけのお医者様にお世話になったことだろう。
このときも初日の洞爺湖までがまんしてたどり着き、
洞爺湖畔の病院に駆け込んだ。
その病院には眼科がなく、早朝で時間外ということもあって
当直?の内科の医師が診察してくれた。
角膜が傷ついたらしい。
「このまま旅を続けても大丈夫だよ。だんだん痛みがなくなっていくからね。
もしどうしても痛くなったら札幌で病院へ行きなさい」
と、眼帯をしてくれた。
ほかにどういう会話を交わしたかは覚えていないけれど、
親切にしていただいたことだけは残っている。
いわれたとおりすぐに痛みは引いて
無事に旅程をこなすことができた。
あのときの若い先生は今もご健在だろうか。
旅の思い出は、こんな形で残ることもある。

数日前少しへこむことが起きてしょんぼりしていたら
フラワーアレンジメントのインストラクターをしている友人が
サササッとまとめて手渡してくれた。
それがこの花。
時間のない中、雨の中。
クリックすると元のサイズで表示します
感謝多謝です!

こうして周りの人たちの善意に包まれながら立ち直っては生きる日々…。


0



2006/11/21  21:01

投稿者:Kanon

なにをおっしゃる、ウサギさん。
休養したら、何も考えずボーッとしてみたらいかが!
ずーつとそのままでは困るけれど。。。。。

http://sun.ap.teacup.com/senjukanon/

2006/11/21  19:12

投稿者:rein

湘南順子さん、

冷蔵庫に飲み終えたコーヒーカップがドーンと座っているのを見つけて相当来てるなーって思ったのがつい最近。
これ、ヤバイよね。
学習療法士にお世話になる日が近いかも。
そのときはヨロシク!

2006/11/21  19:07

投稿者:rein

お二人のやさしいお言葉に感涙。(T_T)
元気出そうっと。

2006/11/21  10:29

投稿者:Kanon

さおりさん当時ですか?
清純な感じはするけれそ、眼帯で顔がわからないわ〜 〜。
あの時、君は若かったー(歌)

凹むこともあるサー。人間だもの。いつもハイでは後で疲れがどっと来る。

http://sun.ap.teacup.com/senjukanon/

2006/11/21  10:27

投稿者:湘南順子

きれいなお花!
周りの人たちの善意に包まれながら立ち直っては生きる日々‥‥私もそうかもしれません。reinさんはきっといつも周りの人々に善意をあげているのよ!
学習療法士って認知症の人に読み書き計算を指導する人です。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ