Straphangers' Room

 

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:エル・アルコン
それが「税金」というものの恐ろしさなんですよ。
自分の懐が痛まないから不感症になる。足掛け3年で千葉県や沿線市町がどれだけ「無駄に」支出したか、それがなければほかの予算がどれだけ充実したか。長い目で見たらそれだけ「無駄」が増えているだけです。
投稿者:hiro
この記事が出てから2年半です。
皆さんの努力によりいすみ鉄道は走っています。ほぼ廃線が規定路線だった鉄道がいま走っているのはなぜなのか?お遊びと言われても、そのお遊びに来てくれるお客さまもいる。数年前なら「いすみ鉄道、なにそれ?」だったのが雑誌にも取り上げられるようになりました。今なら団体ツアーで来てくれるお客さまもいます。古い車両のメンテナンスが大変で黒字になるとは当初から考えてないと思います。皆さんが乗ってくれて赤字額が縮小してくれればいいのです。一時的な損得では無くもっと長い目で見て欲しいと思います。
投稿者:Fuckabe
人それぞれ様々な意見があって当然ですが、こういったアンチの意見が出ること自体が俯瞰してみればかなり成功している証拠と言えるのではないでしょうか。それと「子供手当てや保育所など一部の人のための無駄に税金が使われている」という旨のコメントを見かけましたが、いすみ鉄道と論点が関係ない上に、これから日本の未来を背負う子育てに無駄とはなんと嘆かわしい意見なことか。
投稿者:happy102890
コラムではあちこちの路線に議論を拡散させてしまいましたので、今回はいすみ鉄道と元々結ばれる予定だった路線であり、親戚と言えるほど関係性の深い久留里線との関係に絞って話を進めます。

木原線(いすみ鉄道)が特定地方交通線指定を受け、3セク転換されたのに対し久留里線は指定をギリギリで免れ、JR線で引き続き運行されるという運命を分けましたが、全国どこのローカル線と共通に久留里線も厳しい状況です。いすみ鉄道が「キハ」「レストラン列車」の運行、菜の花の植栽など観光鉄道としての取組みを積極的に取り組んでいるのに対し、久留里線のほうはそういった取り組みはまったくなく単なる生活鉄道に徹している状況で、かなり地味な存在になってしまい対照的な埋没した存在となっています。積極的に努力するいすみ鉄道と比べて地域の危機感が感じられません。新車を導入したとはいっても生活交通一筋で生き残れるのか。

いすみ鉄道は今春のダイヤ改正で1往復減便しましたが、久留里線は昨春の改正で3往復の減便となっており、利用の減少がいすみ鉄道以上に深刻です。1往復と3往復だったら3往復のほうが当然に状況が深刻であり、これだけでも久留里線はいすみ以上に厳しい状況であることが伺いしれると思いますが、貴殿はどうお考えになられますか?

いすみはキハ使用の列車以外はすべてワンマン化され、合理化が極限まで進んでいるのに対し久留里線は全列車のワンマン化が完了しておらず、車掌乗務の定期列車が残るなどいすみ鉄道と比べると合理化があまり進んでいません。いすみの列車はほとんど単行なのに対し、久留里線は単行列車が少ないなど列車の両数面でも合理化が進んでいません。平日が3両・4両の列車は土日に2両となりますが、編成が短縮されてもワンマンとはなりません。

いすみは合理化された中で地域が努力している土地柄、何度も主張される廃止論ですが、沿線関係の並大抵でない努力を知っての発言なのか。沿線に縁があるなどすれば、こういった安易な意見は出てこないのではないか。久留里線はそれ以上に厳しい減便となっている事実を忘れて、いすみばかりを批判するのは不平等じゃないでしょうか?

バスでは鉄道だからできる2両運転もできないのです。
投稿者:ソロン
まあ、子供手当てや保育所など一部の人のための無駄に税金が使われていることを考えれば、これくらい良いでしょう。
投稿者:エル・アルコン
その社長の弁は詭弁そのものですね。
国鉄型気動車を買う自己資金があるのなら、補助金を受ける必要はありません。お金に色はないのですから、自己資金を使う優先順位は近代化であり、それでも余裕があれば(あるわけがないですが)道楽につぎ込めます。

補助金は税金です。道楽に使ってお金がないから補助金をください、と言っているわけで、なんでこれに補助を出すのか。自己資金は「別腹」のはずがありません。

それでもその「自己資金」が購入目的の寄付金なら問題ないですが、そんなに集まってましたかね。
それどころか、700万円の自弁で運転士になる制度で得た手元資金をキハ購入代金に充てたという説もあるわけで、お金に色はないとはいえ、疑義を感じます。

http://www.njh.co.jp/small_company/sc28/
投稿者:北狐
去年のRF誌5月号の社長インタビューによれば、公金は使途自由ではないので補助金を受けて導入する車両や設備は近代化のために使わなければならないと前置きしたうえで、国鉄形DCについては会社の自己資金で導入したので営業色の強い使い方をすると説明しています。

まぁ、自治体が出資する3セクの自己資金は純粋な民間資金と言えるか怪しいのでそういう風にきれいに区別できるか疑問ですし、その営業施策も的を射ているか疑問ですが。文化財としてのDC動態保存をしたければ、キハ28にランチ列車用テ−ブルをを固定するべきでないし、そもそもいすみ350に供食サービス対応の流し台などを装備した以上は国鉄型をランチ列車で酷使すべきではないと思うのですが、車両がいつまで持つかわからないから乗るなら今のうちでしかないと煽ったうえでイベント運行をし、来年の引退をちらつかせたうえでまた首都圏色への塗り替えでツートーンの希少価値を煽ってひと稼ぎするやり方はやりかたがセコイし何より車両への愛情が感じられません。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ