鎌倉太郎のプロジェクトB

 

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:鎌倉太郎
ね!どんなに教材不足でも勉強する人は勉強してたんだよなぁ!いつの時代も。こんなに英語があふれてるのに英語の喋れない僕は怠け者です!
投稿者:愛美
そっか、そうですよね。
辞書も資料も不足している状態で、しかも、長い鎖国から目覚めたばかりの頃にハムレットを上演しようとした方々の気概を考えると凄いと思いました。ここにも歴史を作った人々がいたんですよね。そう思うとあの台詞に重みを感じます。
投稿者:鎌倉太郎
その当時ってね…英語はまだまだ未知の学問だったんでしょうね!辞書や教材も貴重だったろうし、勉強は大変だったろうなぁ!
投稿者:愛美
「明治7年」面白すぎ!
ストーリー展開大丈夫だったのかな。
って言うか、開国のときの通訳とか翻訳とかが
心配になってきました。

先日、チケットが買えなかったので諦めた千葉のエアーレースを、遠くからでもと見に行って大興奮した帰りに、下北沢の駅前劇場を確認してきました。ここなんだなぁと思って。
投稿者:あぐりな
なーんとー!
難解なセリフ〜というか、なんかわからないセリフだったのですね

ウィリアム・シェイクスピア〜英語の発音だと、確か?アクセントは『ピ』に〜こんなに違う言語を訳して、伝えるんだからぁ、翻訳劇って、たいへんですね!

仲代さんは、本日、あ、もう昨日5/18『徹子の部屋』ご出演でした
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ