鎌倉太郎のプロジェクトB

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:りゅう
鎌倉さん、こんばんは。
かもめお疲れさまでした。素敵な舞台に感激しました。
かもめの剥製、丁寧で美しいつくり流石ですね!
トレープレフの髪色、鎌倉さんにとても似合っていると思いました。
また舞台観に行きます!
投稿者:アローの母
気付くのが遅くて、自分の予定もすでにツメツメで、行けなかったーーー。残念。元会社の人が見にいっていて、「良かったよ〜。行きなよ〜」と。。(;_;)おつかれさまでした。頑張ったね♡ 笑
投稿者:ハルカ
「かもめ」本当にお疲れ様でした。

あの悩める繊細すぎる青年、とても難しい役だったのではないかと思います。

お話を聞く限り、次は真逆と言ってもいいような役ですよね?

全く違った鎌倉さんを見れること楽しみにしてます😆
投稿者:みゆき
鎌倉さんこんばんは🐥

3月の舞台、楽しみです✨
はっちゃけてくださいませ🎵
期待しております!!!
投稿者:あぐりな
鎌倉さん
トレープレフとしての日々
お疲れさまでした

恋人はともかく
親は
一番の理解者であって欲しい
投稿者:あやこ
お疲れ様でした!

今度こそ鎌倉さんとお話しようと思っていたのに、気付いたらいらっしゃらなくて......残念。
いつもアンケートしっかり書くので、出遅れてしまうのでしょうか。

トレープレフ、猫背で自信なさげで、気弱な屈折した青年の風情たっぷりでした。
「赤い自転車」の初老の伯父さんを拝見した後だったので、鎌倉さんこんな役もできるんだ、って新鮮な驚き。
お話が進むほどに、トレープレフの心の張り裂けんばかりの痛々しさが胸にしみて、切なかった。
あんな物悲しいピアノの響き、聞いたことがありません。

撃ち落とされたかもめをどう細工するのかと思ってたら、新聞でうまく作ってありましたね。
剥製のかもめもぷくぷくして可愛らしかった。

また見たいと思うお芝居でした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ