鎌倉太郎のプロジェクトB

 

カレンダー

2021年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

過去ログ

記事カテゴリ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:鎌倉太郎
なるほど。それは辛いですね。僕は当時まだ子供だったからよかったけど。身体やその中身を見られるのは恥ずかしいもんです。
投稿者:花千代
大変でしたね…。
ご家族もさぞかし、ご心配された事でしょう。
鎌倉さん御自身も、お身体同様、ご傷心だったのでは…。うちの息子が、そうでしたから…。
医療現場でも、思いますね。従事者には、導尿カテーテル留置や膀胱洗浄など当然の行為にしても気配りが足りないのでは…と腹立たしくなります。先日、心電図を録る際もそうでした。終了時まで、私の胸は、はだけたままでした。コーナーカーテンもされずに…。
患者の羞恥心は…?
いくら大きな看板掲げて最新医療をご自慢されても、そのような現場を目の当たりにすると、何だかやりきれない気持ちになります。
相手は、人なんですから、心のケアを軽視せず業務にあたって欲しいものです。
ごめんなさい。
話が脱線しましたかね^o^;
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ