読一のオタク生活25年+

 中年オタク 読一のページ。
アニメ、マンガ、ゲーム(非電源&電源)、映画等を中心に。「てきとう」で「いいかげん」な感想、その他など。
 尚、本ページの性格上、いわゆる「ネタバレ」記事が頻発しますので、ご用心下さい。
また中年「オヤジ」ですので、皮肉も言います、毒も吐きます。ご注意下さい。

 
プロフィールの様なもの  書き手は、昭和30年代後半に生を受けた中年。 白黒放送の「オバケのQ太郎」位から、アニメを観た記憶がある。 小学校入学時に関東に進出。中学時代に「さらば宇宙戦艦ヤマト」と少年サンデーの「うる星やつら」連載開始、ABチャンドラーのSF小説「銀河辺境」シリーズ、AH社「TACTICSU」に出会いオタク道へ入る。その後、R.O.Dに出会い「netで語る」喜びにも目覚める。今に到るも、オタクは辞められず。メールは'06年内で閉鎖しました。代わりに、メッセージBOXを設置しましたので、非公開での御知らせや、ご意見等のある方は、此方をお使いください。  注:トラックバック&コメント大歓迎ですが、この場に相応しくないと当方が判断しましたものについては、一切の予告・説明なく削除いたしますので、あしからず。

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

拍手ランキング

1位 ゲームジャーナル No.13
1拍手
1/25〜2/1までのランキング結果です。

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:読一
 どうも、毎度どうもです。
 とりあえず、第8話目まで、見ましたよ。

 >アベニゥ 様

 >>『ドロドロ』
 どうも、その辺がメイン・テーマっぽいですなぁ〜。特に、今回(第8話)は、「雨降って、地固まる」の「雨降って」の部分だったし…。次回(9話)は、昔の任務失敗話で典型的「浪花節展開」のようですな。
 個人的には、割と理解し易くて、普通に見る分には、嫌いじゃないんだなぁ〜、これが(笑)。(最初は反発したけど、浪花節な展開で和解。それで、部下と上司の信頼関係が醸成されて、その先の実戦では、「隊長の為なら、かわいい部下の為なら、死ねるって」奴よね。)

 話し変わって。
>>『プロジェクトF』とか
>>不穏なキーワード

 それは、気付いていながら、敢えて言わんといたのに…。
 やっぱり、ラスボスは「死んだはずだよ、おっかさん!」。(それとも、やはり「死んだはずの」Fオリジナル?。)
 8話では、「ジュエルシード」の昔話や、「ユーノ君」も紹介程度とはいえ、今後の為の立場説明が入りましたし。第一シリーズで、次元の狭間だか、何処だかに、飲み込まれて消えた「あの女」がラスボスでしょうね、と私も予想中。
 最後は、やはりフェイトが、敵味方の板挟みになって、『ドロドロ』しちゃう展開は必至でしょうね。
投稿者:アベニゥ
返信早っ! ありがとうございます。
度々失礼します。スルーでもいいですよ?

> 留学とか、長期研修中とか?。
スニーキング任務中とか(笑)。それならストーリーに絡みますかね?
全員(脚本さんの)好き勝手に出すと、関係声優さんが某作品並になっている(?)^^;、ので、何か少々苦しい台所事情が見えている気もします。
多分、ただ単に別作業中、とか別所属で、会ってはいるけど画面に出てこないだけ・・・ってなオチでしょうか。

> 一寸、「パトレイバー」っぽいので
そうですね。ノリはヘビーな事件ばっかりではなく、隊員同士や局の内輪のちょっとしたドラマも面白い、戦隊モノっってのもいいですね。ってゆーか、私も激しくソッチがいい! です(笑)。
ただ、第7話まででも、もうすでにいろいろ不穏なキーワードが出てきていて、やっぱり今作はひょっとしなくても・・『ドロドロ』・・・なのかなぁ・・・とか、考え出すとちょっと鬱です(苦笑)。

> バトル以外の生活臭のする話
それもいいですね。
『同窓会』っぽいお話はA’sのサウンドステージ03がそうですね。
『お花見』ですけど。時管の連中から現地のワケ知り or 教えてもいいヒトタチ、
みんな集まってお花見。(なのは小学生当時のお話です。)
エィミィが幹事で、気が付いたら50名ほどになっていたという(笑)。
『酔っ払い』もお約束(笑)。さすがに未成年は飲んでいませんでしたが(^^;
あれは面白かったです。(A’sの第14話扱いです。初代にもあります、第14話。)

まぁでも・・・『プロジェクトF』とか、もーそのものズバリ(?)じゃんとか、
不穏なキーワードが出ちゃっているので、製作陣によほど勇気がないと、
やっぱ、『熱血魔法バトルアクション』の名の下、また、脚本的に『危ない橋』を、
渡って行ってしまうのでしょう・・・。

初代は好き嫌いはともかく、構成がシンプルでしたのでともかく、
A’sは、結構構成、アブなかった気がするぞ・・・?

私の、「とにかく『無理』だけはしないでー」と祈る気持ちはいつも届かないのですね(笑)。

世間は生身の人間同士が(魔法でだけど)戦うSEEDのようなものを期待している旨が多い(?)ようですが、私はこの作品で『ドロドロ』はイヤだなぁ・・・(^^;。

・・・と、今回はここで歯止め。ながながと失礼いたしました。
投稿者:読一
 どうも、お久しぶりです。

 >アベニゥ 様
>>アルフ、気になってはいたんですが。
>>「何かあった」にしては、フェイトが平常過ぎですよね。

 言われてみれば、その通りでした(笑)。
 あるいは、ルーテシアは前半クールで退場し、終盤の総力戦では、アレフも戻ってくるのかな?。
 留学とか、長期研修中とか?。

 個人的には、シリーズ3部作の中では、実は此れが一番見易い感じです。
 一寸、「パトレイバー」っぽいので、今後はバトル以外の生活臭のする話なども面白そうかななど、と思っております。
長期休暇で、なのは達が日本に帰省し、昔のクラスメイト達と同窓会で会う話とかね。まあ、まだ未成年設定なので、「呑み会」で酔っ払うのは無しでしょうけど…。
投稿者:アベニゥ
お久しぶりです。せっかくなので書きます。

・ルーテシアの中のヒト
 一聴、それと分からないところはさすがでしょうか。
『おかんキャラだっ!」、・・・と、1人で喜んでました。

「ねぇ、ガリュウ(?)、ちょっとお願いしていい?」
この辺は、ファンとしては笑いポイントでした。
(戦闘中なんですが・・・(^^;)

あと、この辺の演出力は、絵が崩れていても(汗)さすが、
と思ってみてました。特にルーテシア活躍場面のBGM配置とか、
『大変よく出来ました』、と個人的には思っています。

・アルフ、気になってはいたんですが。
 「何かあった」にしては、フェイトが平常過ぎですよね。
ただ、今シリーズは、その辺の構成部分って、結構『雑』に私にはみえて仕方が無いのでなんとも・・・ね(^^;。

自分的にはやても微妙に挙動不審な気がしていたのですが、
やっぱり、あっさり流されちゃうんでしょうね(苦笑)
『反逆のはやて』、はちょっと妄想しすぎか?
(収集つかなそう)

でも、騎士カリムは、怪しいと思うぞ?(笑)

まぁ、超個人的には、とりあえずピンクレンジャーが活躍してくれればそれで満足な気がしないでもないです(笑)。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ