読一のオタク生活25年+

 中年オタク 読一のページ。
アニメ、マンガ、ゲーム(非電源&電源)、映画等を中心に。「てきとう」で「いいかげん」な感想、その他など。
 尚、本ページの性格上、いわゆる「ネタバレ」記事が頻発しますので、ご用心下さい。
また中年「オヤジ」ですので、皮肉も言います、毒も吐きます。ご注意下さい。

 
プロフィールの様なもの  書き手は、昭和30年代後半に生を受けた中年。 白黒放送の「オバケのQ太郎」位から、アニメを観た記憶がある。 小学校入学時に関東に進出。中学時代に「さらば宇宙戦艦ヤマト」と少年サンデーの「うる星やつら」連載開始、ABチャンドラーのSF小説「銀河辺境」シリーズ、AH社「TACTICSU」に出会いオタク道へ入る。その後、R.O.Dに出会い「netで語る」喜びにも目覚める。今に到るも、オタクは辞められず。メールは'06年内で閉鎖しました。代わりに、メッセージBOXを設置しましたので、非公開での御知らせや、ご意見等のある方は、此方をお使いください。  注:トラックバック&コメント大歓迎ですが、この場に相応しくないと当方が判断しましたものについては、一切の予告・説明なく削除いたしますので、あしからず。

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

拍手ランキング

1位 神無月の巫女 まとめ
1拍手
12/3〜12/10までのランキング結果です。

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:読一
 早速、コメントどうも。
 今、夏休み中なんで、早速レスなどを…(笑)。

>taro-r 様

 >>皇帝の役割がイマイチ良く見えない
 その辺は、確かに当方も見落としていましたね。
 私の予想としては、どちらかといえば「>>雑魚的にすぐ退場する」方でしょうね〜?。

 ルルーシュの母(の秘密結社)の目的としては、ギアス能力者と契約する事が可能な、ブリタニア皇統の血統を引いた女子を手に入れることかな。
 その子が「巫女」的な役割を果たして、某地下遺跡に眠る、超古代文明の強大な力を目覚めさせるのが目的でしょうね。

 意外と、父のブリタニア皇帝は、そのマリアンヌ一味の野望に気付いて、その「秘密結社」の魔手から彼ら兄妹を守るべく、ブリタニア皇室から日本に追放したのでは?、と推測。
 自作自演の「マリアンヌ暗殺事件」も、本来はマリアンヌ皇妃とともにナナリーの死も偽装され、二人ともに皇宮から「秘密結社」にその身柄を連れ出す計画だったのが、仮死状態を作り出す薬物投与量を間違えた等の手違いから、ナナリーは仮死状態にならず、その薬の副作用で視力と歩行能力を失ったとか?。

 この事件を受けて、皇帝自身すらブリタニア皇室周囲に入り込んでいる「秘密結社」潜入メンバーから、ナナリー(とルルーシュ)を守り切る自信がなく、追放&人質外交をよそって日本に二人を保護させたのでは。
 意外に、日本とブリタニアの戦争も、この「秘密結社(巷説に言われるフリーメーソンみたいな)」が暗躍して、ナナリーの身柄を手に入れる為、仕組まれた陰謀から、開戦に到ったとか?。陰謀史観的なドラマも、考えてみましたです。
投稿者:taro-r
皇帝の役割がイマイチ良く見えないのですよ。
皇帝とルルーシュの母親が,ルルーシュとC.C.の関係みたいなもので,皇帝はルルーシュの母親の意図通りに動いている…って気はしますが。意外にルルーシュ母の正体が明らかになった時点で,雑魚的にすぐ退場するのか,大きな役割を演じるのか…。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ