読一のオタク生活25年+

 中年オタク 読一のページ。
アニメ、マンガ、ゲーム(非電源&電源)、映画等を中心に。「てきとう」で「いいかげん」な感想、その他など。
 尚、本ページの性格上、いわゆる「ネタバレ」記事が頻発しますので、ご用心下さい。
また中年「オヤジ」ですので、皮肉も言います、毒も吐きます。ご注意下さい。

 
プロフィールの様なもの  書き手は、昭和30年代後半に生を受けた中年。 白黒放送の「オバケのQ太郎」位から、アニメを観た記憶がある。 小学校入学時に関東に進出。中学時代に「さらば宇宙戦艦ヤマト」と少年サンデーの「うる星やつら」連載開始、ABチャンドラーのSF小説「銀河辺境」シリーズ、AH社「TACTICSU」に出会いオタク道へ入る。その後、R.O.Dに出会い「netで語る」喜びにも目覚める。今に到るも、オタクは辞められず。メールは'06年内で閉鎖しました。代わりに、メッセージBOXを設置しましたので、非公開での御知らせや、ご意見等のある方は、此方をお使いください。  注:トラックバック&コメント大歓迎ですが、この場に相応しくないと当方が判断しましたものについては、一切の予告・説明なく削除いたしますので、あしからず。

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

拍手ランキング

1位 R.O.D復活 おめでとう!
1拍手
4/23〜4/30までのランキング結果です。

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:読一
はじめまして、ご意見どうも。

>しん 様
 NOIR…。正直、もう記憶の彼方なので、ピントはずれな回答でしたら、ごめんなさい。

>>最後に、謎の銃声一発
 ここは、まさに色々な「解釈」が可能な部分だと思います。しん様の言う解釈も成り立ちますし、一方で、作中でそれ以前にミレイユが語っている様に、全ての決着が付いた(として)で、「実際にミレイユが霧香を銃撃し、霧香も反撃したのだ」とも「解釈」できると思うのです。
 それで、どちらが正しいかとか、他の解釈もあるとか、議論は色々出来るのですが、「証拠」や「手掛かり」が少な過ぎて、最終的に結論は出せない終わり方だったと思います。結局、あの終わり方は、「受け手(視聴者)が好きに解釈してOK」と言う丸投げなのだと、当時は感じました。
 何と言うか、色々な解釈が成り立つのは宜しいかとも思いますが、やっぱりアニメなので、絵も入れて観てる側を説得して欲しかったなぁー、と、そんな感じでしたね。
 まあ、それ以前に、真下監督のアニメは、EATMANとか、無責任艦長タイラーとか、私には分らない作品が多かったので、正直先入観もあって諦めた部分も大ありなのですけどね。
投稿者:しん
初投稿です。どきどき。
すいません、NOIRの一ファンから。
むしろNOIRの最後の銃声の方が理解しやすかったなあ、という感想があるんですが・・・

>最後の最後に、謎の銃声一発

あれはミレイユのP99と霧香のベレッタの銃声でしたよね。
 あれで、「裏家業のミレイユ」と「名前ですら偽りの霧香」が「象徴的に死に」、真の名を持った「ミレイユ・ブーケ」と「夕叢霧香」に「誕生」したのが最終話の「誕生」だったと思うのですが。
 birthではなく、rebirthだったと。
いかがかでしょう?
(しかしこれ4年前の番組ですよね。今、ほぼ同時期のスクライドにAT-Xでハマってしまいました。メディアが時代を跳躍してますな。)
投稿者:読一
>みやびあきら様

 毎度どうも。丸一日経って、幾つか感想系をみますと、予想以上にダメ認定の多い事。前作Avengerや、Eatman'98に比べれば、全投げしてない分、まだマトモに思えてしまいましたが?
 結構「部分的には良い所もあり」、「その良い部分」を引っ張り出して、強調し上手くまとめた様に思えたのは、勘違いか、観る目の無さか?
 真下作品は、こうでもしないと、あまりに「独創的」過ぎて凡人には辛いので。ある意味、監督が真下でも、これ位には筋を通せる「見本」かな?と思った次第。
投稿者:みやびあきら
レティシアが語っていた事も今になってみると納得できたり、意味不明だったり。真実を知っていたはずなのに、マーガレットやマドラックスと近づいても… あれ?
結局、演出上のキャラとして振りまわされた感が強いですね、見ている側が。

http://earthtail.seesaa.net/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ