読一のオタク生活25年+

 中年オタク 読一のページ。
アニメ、マンガ、ゲーム(非電源&電源)、映画等を中心に。「てきとう」で「いいかげん」な感想、その他など。
 尚、本ページの性格上、いわゆる「ネタバレ」記事が頻発しますので、ご用心下さい。
また中年「オヤジ」ですので、皮肉も言います、毒も吐きます。ご注意下さい。

 
プロフィールの様なもの  書き手は、昭和30年代後半に生を受けた中年。 白黒放送の「オバケのQ太郎」位から、アニメを観た記憶がある。 小学校入学時に関東に進出。中学時代に「さらば宇宙戦艦ヤマト」と少年サンデーの「うる星やつら」連載開始、ABチャンドラーのSF小説「銀河辺境」シリーズ、AH社「TACTICSU」に出会いオタク道へ入る。その後、R.O.Dに出会い「netで語る」喜びにも目覚める。今に到るも、オタクは辞められず。メールは'06年内で閉鎖しました。代わりに、メッセージBOXを設置しましたので、非公開での御知らせや、ご意見等のある方は、此方をお使いください。  注:トラックバック&コメント大歓迎ですが、この場に相応しくないと当方が判断しましたものについては、一切の予告・説明なく削除いたしますので、あしからず。

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

拍手ランキング

1位 ゲームジャーナル No.13
1拍手
1/25〜2/1までのランキング結果です。

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:読一
 お〜!!。見事に合致しますね!。

>流転 様
 なるほど、言われる通り、見事に双方の構図が一致してますね。
 単に、砂虫からの連想でしたが、乙HiMEのナノマシンはメランジ香料を連想させたり、アニメの世界設定のヒントになっているのか?、とも思えてきました。

 そういえば、舞‐乙HiMEの基本設定の「西洋的」王朝ロマンは、デューンで、西洋(アメリカ)文化圏向けの作品でありながら、東洋的世界観・思想や東洋趣味を作中にふんだんに取り入れ、逆に新鮮さを醸し出し成功した例を、逆方向で使ってるのかも?、とも思えてきましたね。
投稿者:流転
デューンとの比較で言えばアスワドの民はフレーメンにあたり、シュワルツはスペース・ギルドにアルタイはアトレイド家の宿敵ハルコンネン家になりますかね。
投稿者:読一
 いつも、コメントありがとうございます。

>流転 様
 初めは、単なる思いつきでしたが、言われてみると色々と相似点がありそうですね。

 陰謀を企む皇帝は出てきませんが、王朝や貴族(デューンでは、主人公の産まれは公爵でしたよね)で、その領主の息子(舞‐乙HiMEでは娘)が逃亡、砂漠の民に合流して、彼らと協力し、復讐&正統な王位を目指す、という物語構造とかも。
 宇宙協会=スペース・ステーション=宇宙の灯台=蒼い媛星に住む忘れられた民とかでしょか?、と妄想。
投稿者:流転
そう言えばガルデローベ学院はデューンシリーズに出てくるベネゲセリット結社を思わせるところがありますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ