読一のオタク生活25年+

 中年オタク 読一のページ。
アニメ、マンガ、ゲーム(非電源&電源)、映画等を中心に。「てきとう」で「いいかげん」な感想、その他など。
 尚、本ページの性格上、いわゆる「ネタバレ」記事が頻発しますので、ご用心下さい。
また中年「オヤジ」ですので、皮肉も言います、毒も吐きます。ご注意下さい。

 
プロフィールの様なもの  書き手は、昭和30年代後半に生を受けた中年。 白黒放送の「オバケのQ太郎」位から、アニメを観た記憶がある。 小学校入学時に関東に進出。中学時代に「さらば宇宙戦艦ヤマト」と少年サンデーの「うる星やつら」連載開始、ABチャンドラーのSF小説「銀河辺境」シリーズ、AH社「TACTICSU」に出会いオタク道へ入る。その後、R.O.Dに出会い「netで語る」喜びにも目覚める。今に到るも、オタクは辞められず。メールは'06年内で閉鎖しました。代わりに、メッセージBOXを設置しましたので、非公開での御知らせや、ご意見等のある方は、此方をお使いください。  注:トラックバック&コメント大歓迎ですが、この場に相応しくないと当方が判断しましたものについては、一切の予告・説明なく削除いたしますので、あしからず。

blogram

blogram投票ボタン

最近のコメント

拍手ランキング

1位 ゲームジャーナル No.13
1拍手
1/25〜2/1までのランキング結果です。

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:読一
 こんばんわ。はじめまして、かな?。

>ライブ 様
>>最終話のナギの言葉

 確かに、意味深な台詞でした。
 どうやら、水晶宮以外にも、エアルは地球だったらしい傍証が出てた様なので、その辺の謎解きは、次の舞‐HiMEシリーズに期待しています。

>>シアーズはこれから来る危険から身を守るため人工HIMEを量産

 この辺、面白そうですね。実は、舞‐乙HiME・DVD収録の映像特典「風華大戦 舞HiME THE MOVIE 予告」を観て想像したのですが。
 シアーズの人工HiMEは、“アリ”で始まるARIシリーズなのです。
 AはArtificial(人工の)、Rは、Realized(本物そっくりに近付けた:意訳)、Iはimitate(模倣する、真似をする)でしょう。
 つまり、HiMEを「人工的に、本物そっくりに、模造した」能力の意味でしょう、と想像中。
 そんな訳で、ジアーズの人工HiME(ARIシリーズ)の量産型の改良タイプで、“ARI改”→「アリカ」てのも考えられます。
投稿者:ライブ
最終話のナギの言葉から推測するとひょっとしたら舞HIMEの時代にハルモニウムによって地球全体が一度崩壊してしまっているのではないでしょうか?それによってミコト以外のHIMEが死んでしまい風華学園は水の底に沈んでしまった。シアーズはこれから来る危険から身を守るため人工HIMEを量産しようとするが人工HIMEは暴走すると制御が出来なくなるため、人工HIMEをベースにして干渉を受けやすくなったものの、その分制御しやすくなった新しい力を作った。その名前はHIME2式。そして時が経ち地球は惑星エアルという名前に変わった。そしてHIME2式という名前も変わっていく。2式の「2」という字が崩れていって「乙」という字に変わり、現在の乙HIMEに変わった。という推測をしてみました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ