音  盤  茶  話

  二村定一と戦前ジャズ、SPレコードのブログです。

 

カレンダー

2018年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Facebook

Follow Me !

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最近のトラックバック

 

メッセージBOX

掲示板

掲示板の設定が行われていません

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:毛利眞人
マッサーさん、新しい情報をありがとうございます!

高見さん、晩年はエレクトーンをお弾きになっていたんですね。高見さん、南里さんは昭和ひと桁に井田一郎さんの下で顔を合わせる機会が多かったかと思います。南里さんのプレイも私は大好きで、戦前のレコードから「これは南里さんだ、これは高見さんだ」と聴き起こして楽しんでおります。
今となってはその頃の証言も得られず、マッサーさんからご教示いただけることが大変ありがたいです。貴重なご証言です。向後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。 
投稿者:マッサー
毛利さん、一つ間違ってました。高見さんの最後の
楽器はテナーではありません、最後は大宮の
キャバレーでエレクトーンを弾いてました。私が
遊びに行った時に一度もテナーを吹かないで
エレクトーンを最後まで弾いてました、その時に
ソロエレクトーンだったかバンドのエレクトーンだったか記憶が抜けてしまいました。息子さんは
慶応出身なのでブルーコーツに参加したのだと思います。あと自分は南里さんのバンドに参加したことが有ります、高見さんがよく南里君はこういうふうに吹いていたなとか話していたので南里さんと一緒に地方のコンサートに行った時に僕は高見さんの
バンドに居たことが有りますと南里さんに喋ったら
君は高見さんと一緒にやっていたのかいとビックリしてました。南里さんは眼が見えないという売りでしたが実際は眼は良くはないが見えます。南里さんの全盛時代は1カ月のギャラで一軒の家が買えるほど稼いでいたようです、凄いですね、しかし南里さんは亡くなったときは借家でした。昔の楽隊は稼いだ金は全部使ってしまったようですね
投稿者:毛利眞人
マッサーさん、こんばんは。
高見さんについて詳しく教えていただき、ありがとうございます。
高見友祥さんの息子さんは彰一さんですね、あわてて調べましたら、たしかにブルー・コーツ創立に至るまで関わっていらしたことが分かりました。高見友祥さん、ビ・バップやモダンまでお演りになっていたとは驚きです。戦前派のジャズメンの多くが戦後に脱落していったなかで、南里文雄さんや高見さんは常に新しいジャズにも意欲を燃やしておられたこと、素晴らしいと想います。
後年はテナーを吹いておられたとのこと、高見さんの録音は昭和ひと桁時代が圧倒的に多いですが、たしかにほぼアルトかCメロを吹いているようです。ピアノもお弾きになったこと、初めて伺いました。たいへん勉強になります。ありがとうございます。
投稿者:マッサー
毛利さんこんにちわ、高見さんはご子息が一人居まして今存命なら80代後半だと思いますが息子さんは日本のオーケストラの草分けバンド、ブルーコーツ楽団の初代ピアノです。高見さんは昭和初期に外国航路の船中バンドの時はドラムを叩いていました。上海時代は毎日のように女性が居る今だったら法律違反の場所に繰り出したと言っていました。高見さんはドラム→アルトサックス→テナーサックスと楽器を変えていった訳です。好きな音楽はモダンジャズが好きだったようです、なのでビ・バップの曲を多く演奏していました、しかし、アドリブはモダンな感じが無くディキシー、スイングに影響されたようなアドリブを吹いていました。そして私に
「僕はツェルニーの40番までやったんだ、だから君もピアノを勉強したほうが良い」と言われました
私もその気になってピアノを購入して練習して今はバンドでピアノを弾いています
投稿者:毛利眞人
マッサーさん、初めまして。お書き込みをありがとうございます。
高見さんと演奏をなさったんですね! 高見さんが初期はドラマーであられたこと、初めて知りました。また、その人間的な魅力も。ご教示いただきありがとうございます。
もしお差し支えなければ、高見さんについてもっと教えて頂けましたら幸いです。
投稿者:マッサー
懐かしいです、実は私はドラムをやっていまして
ここに出てくる高見さんと一年ぐらい一緒に
演奏していました。当時の高見さんは62歳の時です。よく写真を持ってきて見せてくれた記憶が有ります、高見さんは初期の頃はドラムをしていたと聞きました実際にドラムを叩いている写真を見せてくれました、私は高見さんのテナーしか聞いたことが有りません後高見さんは健康法として逆立ちをしていましたね、62歳で15分ぐらい逆立ちをするのでビックリしました。あと女性が凄い好きな事です。
投稿者:毛利眞人
新野 洋子 さま
テレ東のなつメロ番組のバックバンドでしばしば見かけるサックスの方、やはり新野輝雄さんだったんですね!
教えて頂きまして、ありがとうございます。
たまにソロの箇所もあったのではないかと思いますが、古い歌番組のバックバンドでプレイヤーに注目する楽しみが増えました。
投稿者:新野洋子
ツイートで拝見しましたがそちらは不慣れなものですから。25JUN、テレ東のなつかしの昭和歌謡、ツルッパゲで丸い顔のサックスは間違いなく叔父、新野輝雄です。ご注目ありがとうございます。
投稿者:椿姫
 歌うサキソフォンを教えていただきありがとうございます。叔父さん、上手ですね。どこで息継ぎをしているのでしょう。二つの間奏曲の題名が思い出せなくてじれました。いとこと私に三大子守唄はなーんだとクイズをしていたのを思い出しました。二つ目の「トセリのセレナーデ」をやっと思い出して落ち着きました。20歳代はそのあたりに夢中でした。うん?違ったかな。詰めがあまいものですから。イタリアの三大セレナーデの一つには間違いないけど。30年頃、わたしの両親が叔父に連れられてコロンビアにいきました。歌手の吹き込みがあったのです。若山彰と池真理子のサインを貰ってきました。兄がそれよりずっと前、一時叔父のカバン持ちをしていました。若い美空ひばりがおやじさんと呼んでいたそうです。私は人の声ばかりに興味を持っていました。サキソフォンを聴いて、演奏者によってこうも違うのかと驚いています。二村定一にも興味があります。本を書いておられるのですね。今日はこれで失礼します。

http://blog.livedoor.jp/noini/
投稿者:毛利眞人
新野さま
ありがとうございます。私にとっては昔のジャズメンのご遺族からお話を伺うのが何よりの宝物です。
CDはいま現在でもamazonや配給会社のメタカンパニーで購入することができます。
http://www.metacompany.jp/

このCDの録音の多くに新野輝雄さんが参加されています。
私の名前欄からメールが遅れるようになっていますので、ご連絡賜りましたらありがたく存じます。


http://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E5%89%8D%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%83%86%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ